[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2012年 > 欧州委員会、高品質牛肉に係る無関税割当枠を拡大

欧州委員会、高品質牛肉に係る無関税割当枠を拡大

印刷ページ
 欧州委員会は2012年6月8日、EU・米間のホルモン牛肉紛争に絡み設定された高品質牛肉に係る無関税割当枠について、現行の20,000トンから48,200トンに拡大することを発表。

無関税割当枠は2段階に分けて拡大

 EUはこれまで、ホルモンを投与されていない肉牛から生産される高品質牛肉の輸入について無関税割当枠を20,000トンと定めていた。
 今回、無関税割当枠は2段階に分けて拡大される。第1段階は7月1日に1500トン(EU・カナダ間の合意に基づいて拡大)、第2段階は8月1日に26,700トン(EU・カナダ間の合意に基づき1700トン、EU・米国の合意に基づき25,000トン)拡大する。これにより、無関税割当枠の合計は48,200トンとなる。

割当枠の拡大に伴い、割当方法も変更

 無関税割当枠の拡大に伴い割当方法も変更される。これまでの割当方法は、毎月の輸出実績をベースとした輸入ライセンスにより割当枠が決められていたが、今後は四半期ごとかつ先着順に割当枠が決定される(FCFS方式)。  
 これにより、輸出実績がない輸出業者等も参入しやすくなるものと考えられる。

参考

【山神尭基 平成24年6月27日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9532



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.