[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2012年 > シカゴ相場の高騰により、8月のトウモロコシ輸出量が過去最高を記録(ブラジル)

シカゴ相場の高騰により、8月のトウモロコシ輸出量が過去最高を記録(ブラジル)

印刷ページ

8月の輸出量は前年同月比81%増の276万トン

 ブラジル開発商工省(SECEX)によると、8月のトウモロコシ輸出量が、過去最高であった2010年9月の193万トンを超え、前年同月比81.2%増の276万トン(単価263.5ドル/トン(1ドル=79.6円:20,975円))と単月輸出量の記録を更新した。7月にも、前年同月の5.3倍の170万トンの輸出量を記録しており、2カ月連続で大幅に輸出量が増加した。
 これは米国の干ばつによる減産予測によるシカゴ相場の高騰に伴い、ブラジル産トウモロコシへの需要が強まったためとみられる。さらに、ブラジルにおける2011/12年度のトウモロコシ生産量は7278万トンと過去最高が見込まれている。シカゴ相場の動きに伴い、ブラジルのトウモロコシ輸出価格も上昇しているものの、米国産よりは安い水準となっている。
 現在、好調なトウモロコシ輸出は2012年1〜7月累計で626万トンとなっており、現地報道によると2012年は1500万トン(前年比58.6%増)に達することが見込まれている。

 参考 ブラジル、2011/12年度トウモロコシ生産量は前年度比26.8%増の7278万トン
図1

国内供給量は十分との見方

 農務省(MAPA)は9月4日、トウモロコシの輸出は急増しているものの、鶏肉・豚肉生産をはじめとする国内へのトウモロコシ供給量は十分にあると発表した。MAPAによると、今年度のトウモロコシの国内消費量は5000万トン、期末在庫は過去最高の1300万トンと、8月10日に米国農務省が公表した米国の期末在庫水準(約1670万トン)に迫るものになると見込んでいる。
 米国のシカゴ相場の穀物価格高騰に伴い、国内のトウモロコシ価格も上昇しているが、MAPAは鶏肉・豚肉生産者を支援するため、トウモロコシが豊作となった中西部から、干ばつの被害を受けた南部や北東部支援を発表するなどの対応をとっている。

新たなトウモロコシ輸出地域

 現在、農務省(MAPA)が注目するMATOPIBAと呼ばれる新興農業地域からのバイア州のイレウス港を通じたトウモロコシ輸出が、今年5月から本格化した。輸出量は5月以降、継続的に増加しており、MATOPIBA地域の生産量の増加が期待される。

 ※MATOPIBA 北部・北東部の4州(マラニャン州(MA)、トカンチンス州(TO)、ピアウイ州(PI)、バイア州(BA))にまたがる農業新興地域。

 
参考 今後、穀物の国際需給を担う新興農業開発地域 ─ブラジル・マトピバ地域─
図2
【岡 千晴 平成24年9月6日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8609



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.