[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2012年 > 9月のブロイラー生産コストは前年同月比35.8%高(ブラジル)

9月のブロイラー生産コストは前年同月比35.8%高(ブラジル)

印刷ページ
 ブラジルのブロイラー生産は、最近の飼料高の影響を大きく受け、生産者の収益の悪化が懸念されている。

 農牧研究公社(EMBRAPA)によると、9月のブロイラー生産コストは生体1キログラム当たり2.38レアル(92円:1レアル=38.7円)となった。生産コストは、2カ月連続で前月比2ケタ台の上昇幅で推移したが、9月は同0.3%とやや落ち着きを取り戻してきたが、前年同月と比べると35.8%高で、依然として高水準となっている。この要因はトウモロコシおよび大豆かすの高騰である。生産コストに占める飼料費の割合は、7月に7割を超え、9月には74.8%となった。
表
 参考  8月の鶏肉生産コストおよびブロイラー生産者価格が引き続き上昇(ブラジル)


 9月の生産者価格は、生体1キログラム当たり2.46レアル(95円)となり、生産者価格が生産コストをわずかに上回った。9月以前では、2月と6月を除いて、生産コストが生産者価格を上回っており、生産者の収益状況は非常に厳しい状況となっている。
図
【岡 千晴 平成24年10月23日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8609



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.