[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2012年 > ブロイラー生産者価格が半月で12%上昇(ブラジル)

ブロイラー生産者価格が半月で12%上昇(ブラジル)

印刷ページ
 9月半ばより65日間にわたって生体1キログラム当たり2.5レアルで高止まりしていたブロイラー生産者価格が11月17日に上昇に転じ、月末には12%高の同2.8レアルまで急騰した。これは1カ月後にひかえたクリスマスに向けた需要が高まっているためとみられる。11月のブロイラー生産者価格は平均で同2.59レアルとなり、前年同月比22.7%高となった。また生産者価格の上昇に伴い、卸売、小売価格ともにさらに変動するとみられる。
図1
図2
 生産者価格は高騰したものの、現在の水準では依然としてシカゴ相場に伴い高止まりしているトウモロコシ価格高騰による生産コスト上昇分はまかないきれていないとされる。さらに、ブラジルのトウモロコシ価格は、10月半ばから緩やかに上昇傾向にあり、鶏肉生産の収益性好転は当分難しいとみられる。
図3
【岡 千晴 平成24年12月4日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8609



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.