[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2013年 > 中国がブラジル産トウモロコシの輸入に合意(ブラジル)

中国がブラジル産トウモロコシの輸入に合意(ブラジル)

印刷ページ
 ブラジル農務省は11月6日、中国がブラジル産トウモロコシの輸入に合意したと発表した。これにより、ブラジルは増産によって供給過剰となっているトウモロコシを中国へ輸出できるようになる。
 これまで、中国は、ブラジル産トウモロコシについて害虫や病原菌のリスクが伴うとして輸入を認めていなかったが、交渉の末、中国の国家品質監督検査検疫総局(AQSIQ)が許可し、今回の合意に至った。
 米国農務省(USDA)によると、中国は米国に次いで世界第2位のトウモロコシ生産国であり、2013/14年度(10月〜翌9月)は2億1000万トンの生産が見込まれている。しかし、同国では、中間所得層の人口増加に伴い食肉需要が増加しているため、国内生産のみでは飼料用トウモロコシの供給が不足している。
 中国は、今回の合意を受けて直ちにブラジル産トウモロコシの輸入を増やす可能性は低いものの、最大の輸入先国である米国産のトウモロコシ価格次第では、今後、ブラジルなどからの輸入を増やす可能性がある。
グラフ
【米元 健太 平成25年11月22日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8609



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.