[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2014年 > 米国農務省、2013/14年度のトウモロコシ、大豆の輸出見通しを上方修正

米国農務省、2013/14年度のトウモロコシ、大豆の輸出見通しを上方修正

印刷ページ
 米国農務省世界農業観測ボード(USDA/WAOB)は4月9日、2013/14穀物年度(9月〜翌8月)の国内外の主要農作物需給見通しを公表した。これによると、トウモロコシ、大豆ともに生産量は前月の予測値に据え置きとなり、輸出量はいずれも上方修正された。

トウモロコシ:生産者平均価格は、前月からわずかに上昇

 2013/14年度のトウモロコシ生産量は、収穫が既に終了し、生産量が確定されていることから前月の予測値に据え置かれた。また、輸入量も前月の予測値に据え置かれた。
 一方、総消費量は、2カ月連続で輸出向けが上方修正されたことから、前月から1億2500万ブッシェル(317万5000トン)増の134億5000万ブッシェル(3億4163万トン)とわずかに増加した。USDAは、輸出向けを上方修正した要因として、海外需要の高まりにより3月の輸出ペースが増加したことを挙げている。
 期末在庫量は、輸出量が上方修正されたことから、13億3100万ブッシェル (3381万トン)へ引き下げられ、期末在庫率は9.9%に低下した。
 生産者平均販売価格は、輸出需要の増加を受け前月値から下値および上値とも引き上げられ、1ブッシェル当たり4.40〜4.80ドルと予測している。

大豆:期末在庫率はわずかに減少

 2013/14年度の大豆生産量は、収穫が既に終了していることから、前月の予測に据え置かれた。輸入量は、搾油向け以外で需要が増加したことから前月から3000万ブッシェル(81万6000トン)増の6500万トン(176万8000トン)に上方修正された。
 一方、総消費量は、主に中国向け輸出需要の増加を受け輸出向けが上方修正され、前月より4100万ブッシェル(111万5200トン)増の33億6000万ブッシェル(9139万2000トン)とされた。
 期末在庫は、総消費量が上方修正されたことから、1億3500万ブッシェル(367万2000トン)に引き下げられ、期末在庫率は、4.0%に低下した。
 生産者平均販売価格は、輸出向け需要の増加により下値および上値ともに引き上げされたことから1ブッシェル当たり12.50〜13.50ドルになると予測している。
表

トウモロコシ作付け状況は、前年をわずかに上回る

 米国農務省全国農業統計局(USDA/NASS)が4月14日に発表した「Crop Progress」によると、2014年4月13日時点の主要18州のトウモロコシの作付け率は3%と前年をわずかに上回った。2014年2月頃まで、米国中西部などでは寒波や積雪に見舞われ、作付けの遅延が懸念されていたが、これまでのところ、大きな影響はみられていない。
 主要生産地の作付け状況を見ると、全米第3位の生産量を誇るネブラスカ州では、前年よりもわずかに上回る作付け率となり、イリノイ州は前年並みとなった。その主要生産州(アイオワ州、インディアナ州、ミネソタ州)では前年と同様に、未作付けとなった。
【山神 尭基 平成26年4月15日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9532



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.