[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2014年 > 米国農務省、香港の米国産牛肉の輸入規制撤廃を発表

米国農務省、香港の米国産牛肉の輸入規制撤廃を発表

印刷ページ
 米国農務省(USDA)は6月17日、香港当局が米国産牛肉の月齢制限を撤廃したことを発表した。これにより、同日付けでと畜された全月齢の米国産牛肉が香港向けに輸出可能となる。
 香港は、2005年12月、米国産牛肉の月齢制限を緩和(30カ月齢未満に引き上げ)しており、2013年2月には、骨付き肉の輸入も解禁した。  USDAによると、これまでの輸入制限の一部緩和により、2013年の香港向け牛肉輸出量は前年比71%増の16万3000トンと過去最高を記録したとしている。
 今回の月齢制限を撤廃したことで、さらに米国産牛肉の香港向けの輸出が拡大するものと見込まれる。
グラフ
【山神 尭基 平成26年6月27日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9532



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.