[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2014年 > NZ最大手乳業、生産者乳価の引き下げを発表

NZ最大手乳業、生産者乳価の引き下げを発表

印刷ページ
 ニュージーランド最大手の酪農協系乳業メーカーであるフォンテラ社は7月29日、2014/15年度(6月〜翌5月)の生産者乳価の支払見込みを、乳固形分1キログラム当たり7NZドル(637円:1NZドル=91円)から6NZドル(546円)に引き下げることを発表した。2014/15年度の生産者乳価は、5月末に発表されたばかりであり、わずか2カ月で引き下げることとなった。
 同社は、生産者乳価引き下げについて、乳製品国際価格の下落を要因としている。その背景については、供給面として、2013/14年度の同社の集乳量が前年を8.3%上回る高水準であったことや、主要輸出国(EU、豪州など)の生乳生産量も好調であることを挙げている。一方、需要面としては、主要輸出先である中国の乳製品在庫が積み増されていることや、下落前の高水準の乳製品国際価格を受けて、その他の新興国(東南アジアなど)の需要も減少していることを挙げている。
 しかしながら、同社は今後、乳製品の国際価格は再び上昇すると見込んでいる。ただし、それがいつ、どの程度のものになるかは、現時点で予測することは難しいとしている。
図
【根本 悠 平成26年7月30日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9533



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.