[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2014年 > ニュージーランド政府、台湾との経済協力協定発効から1年の効果を公表

ニュージーランド政府、台湾との経済協力協定発効から1年の効果を公表

印刷ページ
 ニュージーランド(NZ)政府は12月1日、NZ−台湾経済協力協定(ANZTEC)の発効から1年が経過したことを踏まえ、同協定がもたらした効果について公表した。なお、本文中「発効前」は、2012年12月〜翌9月の数値、「発効後」は2013年12月〜翌9月の数値である。
 乳製品については、脱脂粉乳、全粉乳、バター、チーズなど主な乳製品は、初年度に関税が撤廃されている。そのため、脱脂粉乳、全粉乳など粉乳類の輸出額は、発効前に比べ43%増、バターは同40%増、チーズは同18%増といずれも大幅に増加している(表)。一方、牛肉については、1年目は1キログラム当たり5台湾ドル(NTD)(19.1円:1NTD=3.82円)の従量税が残されているものの、こちらも同10%増加している。なお、牛肉の関税も2年目には撤廃される。
 ギー一次産業相は、「本協定は、貿易協定というものがNZにとっていかに利益のあるものかを示すすばらしい例だ。」としており、ANZTECによる効果を歓迎している。ANZTECにより、2014年12月現在、NZから台湾への輸出品目の69%はすでに関税が撤廃されており、4年以内に99%の関税が撤廃される。現在、NZにとって台湾は第7番目の輸出先であり、2014年9月までの1年間の輸出額は10億NZドル(950億円:1NZドル=95円)を超えている。
表
【根本 悠 平成26年12月5日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9533



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.