[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2015年 > ブラジルおよびアルゼンチンからの生鮮牛肉の輸入を承認(米国)

ブラジルおよびアルゼンチンからの生鮮牛肉の輸入を承認(米国)

印刷ページ
 米国農務省動植物衛生検査局(USDA/APHIS)は2015年6月29日、ブラジル14州およびアルゼンチン北部地域からの生鮮牛肉(冷蔵、冷凍)の輸入を承認したことを公表した。ブラジルの14州は、バイーア、ブラジル連邦直轄区、エスピリットサント、ゴイヤス、マットグロッソ、マットグロッソドスル、ミナスジェライス、パラナ、リオグランデドスル、リオデジャネイロ、ロンドニア、サンパウロ、セルジッピ、トカンチンスである。
 今回の承認についてAPHISは、「これらの地域から米国への牛肉輸出に向けた第1歩」としており、今後、米国とブラジルおよびアルゼンチンの間で衛生条件に関する交渉が進むものとみられる。衛生条件が締結された後、現地の食肉生産企業は、定められた条件に基づく検査による認証を受けて初めて輸出が可能となる。

 全国肉用牛・牛肉生産者協会(NCBA)は、口蹄疫のウィルスを米国内に持ち込む可能性があり、米国の牛の健康を脅かすものだとして、今回の承認に反対の意向を示している。同協会は以前より、これらの地域からの牛肉の輸入に異議を唱えてきた経緯がある。
海外情報図15.07.02(米国:南米産牛肉輸入)
【渡邊 陽介 平成27年7月2日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4397



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.