[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2015年 > 脱脂粉乳は在庫増もバターは在庫を減らす(EU)

脱脂粉乳は在庫増もバターは在庫を減らす(EU)

印刷ページ
 欧州委員会が11月11日に公表した統計によると、2015年7月に6年ぶりの公的買入れが発動された脱脂粉乳は、それ以降、17週にわたり積み増しが行われている。直近の11月2〜8日の週には新たに20トンが積み増しされ、公的在庫量は9カ国合計で2万3638トンとなっている。
 また、民間事業者の保管費用の一部を補助する民間在庫補助(PSA、保管対象期間:80〜210日)については、現在、11カ国合計で5万3501トンが対象となっている。さらに、このPSAとは別に、EU域内の乳製品需給の改善を目的に実施されている緊急PSA(保管対象期間:365日)では、これまでに3カ国で2314トンが対象となっている。
 EUの脱脂粉乳卸売価格は、これらの対策により8月末を底にわずかに上昇に転じたものの、10月中旬以降、再び下降基調にある。
 一方、バターについては、2014年9月のPSA実施以降、当該在庫量は対前月末比で増加を続けていたが、9月末には初めて対前月末比で減少となり、1万839トン減の8万8628トンとなった。Eucolait(欧州乳製品輸出入・販売業者連合)によると、EU域内の需要に改善の兆しが見られるものの、最近のEUのバター卸売価格は、脱脂粉乳と同様、下降基調となっており、予断はできないとしている。なお、脱脂粉乳と異なり、バター卸売価格は公的買入れが発動される価格水準までの下落とはなっていない。
 なお、脱脂粉乳と同じく緊急PSAが実施されているチーズについては、直近の11月2〜8日の週までに6カ国合計で3万3104トンの申請があった。欧州委員会では、チーズについては既に設定されている各国の割当量を、申請状況を見て再配分するとしている。

≪関連情報≫

【中野 貴史 平成27年11月16日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9530



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.