[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2015年 > 2013年の農業センサスを公表(EU)

2013年の農業センサスを公表(EU)

印刷ページ
 欧州連合統計局(EUROSTAT)は11月26日、2013年の農業センサスを公表した。これによると、10年前(2003年)と比較して、農用地面積は0.1%増とほぼ変わらないものの、農業生産者数は27.5%減少している。これは、規模拡大が進行していることを表しており、キプロスを除くすべての加盟国でこの傾向となっている。この結果、1戸当たりの農用地面積は2003年の11.7ヘクタールから16.1ヘクタールへと37.6%増加している。
 各加盟国で見ると、1戸当たりの農用地面積が最大となるのは、チェコの133.0ヘクタールで、英国の93.6ヘクタール、スロバキアの80.7ヘクタール、デンマークの67.5ヘクタールと続く。最小はマルタの1.2ヘクタールで、次いでキプロスの3.1ヘクタールとなる。
 また、フランスとスペインの農用地は、EUの全農用地面積の15.9%、13.4%となり、この2国で約3割を占める。次いで農用地面積の大きい順に英国の9.9%、ドイツの9.6%、ポーランドの8.3%、ルーマニアの7.5%、イタリアの6.9%と続く。
 一方、農業経営者の年齢別の構成は、65歳以上が31.1%(前回の2010年調査時には29.7%)、55歳以上64歳未満は24.7%(同23.5%)となり、55歳以上が半数以上を占めている。35歳未満は6.0%(同7.4%)と減少しており、高齢化が進展していることが明らかになった。
表
【中野 貴史 平成27年12月1日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9530



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.