[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
国際情報コーナー 農畜産物全般、畜産、野菜、砂糖、でん粉の海外情報、輸出促進対策などの記事、統計

ホーム > 国際情報コーナー > 海外情報 > 海外情報(野菜) > 結球以外のレタスの一人当たり供給量は16年間で1.7倍に増加(米国)

結球以外のレタスの一人当たり供給量は16年間で1.7倍に増加(米国)

印刷ページ

最終更新日:2016年5月9日

 米国農務省経済調査局(USDA/ERS)は4月20日、2013年の米国民一人当たりの結球以外のレタス(ロメインレタスおよびリーフレタス)の供給量が、11.4ポンド(5.2キログラム)となり、1997年と比べて72.7%増加したと公表した。この要因として、USDAは、パックドサラダ(注)人気の上昇が、加工しやすく、栄養価も高いロメインレタスおよびリーフレタスの消費拡大につながっていると分析している(図)。
 一方、かつて消費されるレタスの大部分を占めていた結球レタスは、同期間で41.0%減少し、2013年は14.1ポンド(6.4キログラム)となったことから、2013年の米国民一人当たりのレタス類の総供給量は29.6ポンド(13.4キログラム)となり、過去最高を記録した2004年の37.9ポンド(17.2キログラム)から21.9%減少した。
 
(注)産地、もしくは消費地に近い工場で生鮮野菜をカットし、鮮度が保たれるような処理を行って出荷される生鮮野菜商品。袋入りのものや、容器に盛り付けられそのままサラダとして食べるものなど、消費者にとって利便性の高い商品である。詳細は、野菜の情報2015年9月号の特集「米国のカット野菜などの生産・消費動向と契約取引状況」(http://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/tokusyuu/1509/tokusyuu_05.html)を参照)
 
米国民レタス
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:野田 圭介)
Tel:03-3583-9533 国際調査グループ



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.