[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
国際情報コーナー 農畜産物全般、畜産、野菜、砂糖、でん粉の海外情報、輸出促進対策などの記事、統計

ホーム > 国際情報コーナー > 海外情報 > 海外情報(農畜産物全般) > 再生可能燃料の使用義務量を公表(米国)

再生可能燃料の使用義務量を公表(米国)

印刷ページ

最終更新日:2016年11月25日

 米国環境保護庁(EPA)は2016年11月23日、2017年の再生可能燃料の使用義務量(RFS)の最終決定を公表した。RFSは、2007年の「エネルギー自立・安全保障法(EISA)」により2022年まで定められているが、EPAは毎年、実態を勘案してRFSを決定することとなっている。
 今回の決定では、2017年のRFSは、192億8000万ガロンとなり、同年5月に示されていた当初案の188億ガロンから上方修正されたものの、EISAで定められている240億ガロンを下回った(表)。また、種類別に見ると、先進的バイオ燃料およびトウモロコシ由来バイオ燃料ともに当初案からそれぞれ上方修正された。
 トランプ次期大統領は、選挙期間中の公約の一つとして、EPAの廃止を掲げており、RFSについても今後の動向が注目されている。このような中、ビルサック農務長官は11月18日、「エタノール産業は、農村地域に根付いており、多くの雇用や経済基盤を創出していることから、RFSは廃止困難で、トランプ政権下でも堅持されると信じている」とコメントしている。
161125海外情報図
【渡邊 陽介 平成28年11月25日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4397



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.