[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2017年 > 高病原性鳥インフルエンザで鶏卵価格が高騰、政府が対応策を発表(韓国)

高病原性鳥インフルエンザで鶏卵価格が高騰、政府が対応策を発表(韓国)

印刷ページ
 韓国政府は1月3日、鶏卵の供給と価格を安定させるため、関税法第71条の規程による割当関税に関する規定(大統領令)に基づき農林畜産食品部所管の適用品目の関税率などを一部改定することを閣議決定した。これを受けて農林畜産食品部は翌4日、鶏卵、卵黄など8品目について、一定の輸入数量(関税割当数量)の範囲で関税率を0%に引き下げることを発表した。
 2016年11月16日に家きん農場において高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されて以降、記録的に感染が拡大し、これまでに3161万羽(1月10日時点)が殺処分されている。このため、鶏卵の平均小売価格は、発生が初めて確認された11月16日の5678ウォンから直近の1月12日には9543ウォンと、68.1%上昇しており、大手量販店などは1人1日当たりの販売数量の制限を行うなどしている。
 今回の関税割当措置は1月4日〜6月30日まで適用され、これまで課されていた関税は、当該期間内かつ関税割当数量9万8600トンまでは無税となる(表)。
。
 また、これに関連して同部は6日、鶏卵輸入業者に対して、輸送費の一部を補助する旨を発表した。補助額は、輸送に要する経費1トン当たり航空輸送の場合は最大で100万ウォン、海上輸送の場合は最大で9万ウォンを限度とし、2月28日までに通関されるものが対象となる。補助期間の延長については国内の鶏卵価格や需給動向などをみて検討するとのことである。
 現地報道によると、鶏卵の品薄状態を補うため、国内大手航空会社の協力の下、米国から鶏卵160万個(約100トン)を搭載した貨物機が16日にも到着する予定とのことである。
【青沼悠平 平成29年1月13日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:青沼悠平)
Tel:03−3583−4389



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.