[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2017年 > 食肉大手Minerva Foods社、中堅食肉企業の買収を断念

食肉大手Minerva Foods社、中堅食肉企業の買収を断念

印刷ページ
 ブラジルの大手食肉企業であるMinerva Foods社(注1)は1月17日、ブラジル北東部エスピリトサント州に本拠を構えるFrisa Frigorifico Rio Doce社(注2)の買収を断念したと発表した。
 Minerva Foods社は、ブラジル国内外での拡大戦略を進める中で今回の買収に動いたが、同社の発表によれば、Frisa Frigorifico Rio Doce社が、買収に必要な書類を提出しなかったため、断念せざるを得なくなった。
 両社は2016年11月7日、Minerva Foods社がFrisa Frigorifico Rio Doce社を総額2億500万レアル(71億7500万円)で買収することで合意に至った後、11月28日にはブラジルの公正取引委員会に該当する経済擁護行政委員会(CADE)による企業結合の審査も既に完了していた。

(注1) Minerva Foods社は、1957年創業のブラジルの大手食肉企業である。牛肉生産量は国内第3位であるが、輸出仕向け割合が7割と高く、牛肉輸出量は第2位である。国内11カ所のほか、近隣のパラグアイ3カ所、ウルグアイ2カ所、コロンビア1カ所に牛と畜・加工施設を有している。同社全体の牛と畜能力は、1日当たり1万7330頭で、加工能力は同2万300頭。傘下のMinerva Fine Foods社は、牛肉、豚肉、鶏肉由来の加工品を製造している。

(注2) Frisa Frigorifico Rio Doce社は、1968年創業のブラジルの中堅牛肉企業であり、エスピリトサント州、ミナスジェライス州、バイーア州に合計4カ所の牛と畜・加工施設を有している。2015年には、9億4200万レアル(329億7000万円)の売上高を記録しており、この約33%が輸出由来であった。
【米元 健太 平成29年1月26日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4391



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.