[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2017年 > フィードロット飼養頭数、高い需要などを受け回復(豪州)

フィードロット飼養頭数、高い需要などを受け回復(豪州)

印刷ページ
 豪州フィードロット協会(ALFA)と豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)は3月6日、共同で四半期ごとに実施している全国フィードロット飼養頭数調査の結果(2016年10〜12月期)を公表した。これによると、2016年12月末のフィードロット飼養頭数は、93万5788頭(前年比6.2%減、前回比18.6%増)となり、記録的な高水準となった前年こそ下回ったものの、前回調査からは大幅に増加し、90万頭台に回復した(図1)。
 ALFAによると、肥育もと牛価格は依然として高いものの、飼料穀物価格が前年同期比で2〜3割安となっている中、穀物肥育牛肉への需要が世界的に高まっており、多くのフィードロットでは、稼働率を引き上げたり、出荷体重を増加させたりと、生産効率を高める動きが見られるとしている。
図1 フィードロット飼養頭数と稼働率の推移
 飼養頭数を州別に見ると、最もフィードロット生産が盛んなクイーンズランド州と、収容能力の増強を図った西オーストラリア州では、前年比、前回比ともに増加している。それ以外の州では、いずれも前回比では増加しているものの、記録的な高水準となった前年からは大幅に減少している(表)。
 規模別に見ると、1000頭以下の比較的小規模なフィードロットでは減少したのに対し、特に1万頭以上の大規模なフィードロットでは増加した。
表 州別フィードロット飼養頭数
 一方、2016年の穀物肥育牛肉の輸出量は、26万386トン(船積重量ベース、前年比1.2%減)と、干ばつに伴いフィードロット飼養頭数が記録的に増加した前年と比べると、わずかに減少した。これについてMLAは、年前半は好調な穀物飼料生産などを受け生産が好調であったものの、年後半は、肥育もと牛価格の高騰に伴い一時的にもと牛の導入が減少したことで、前年同期を下回る輸出量となったとしている。
 2017年以降は、日本向けについては、牧草肥育牛の代替需要もあって、前年同月を1割以上上回って推移しているが、韓国向けが低調であることなどから、直近の2月は、2万715トン(前年同月比11.4%減)とかなり大きく減少した(図2)。
図2 穀物肥育牛肉の月別輸出量の推移
【竹谷 亮佑 平成29年3月9日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9532



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.