[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2019年 > 中国がアルゼンチンからの豚肉輸入を解禁(アルゼンチン)

中国がアルゼンチンからの豚肉輸入を解禁(アルゼンチン)

印刷ページ
 アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領は4月29日、中国とアルゼンチン産豚肉の輸入に係る衛生条件を締結したと発表した。同時に、3工場(La Pompeya、Campo Austral、 Paladini)が輸出施設として認定されたとしている。
 また、中国とアルゼンチンは、食肉輸出施設の認定に係るプロセスの簡素化に向けての覚書(Memorandum of Understanding)を締結しており、今後のさらなる輸出認定施設増加が見込まれる。

 アルゼンチンでは、2010年以降急激に豚肉生産量が増加しており、毎年過去最高を記録している(図1)。また、アルゼンチンは、世界有数の牛肉消費国として知られており、1人当たり食肉消費量も長年牛肉が首位であるが、近年は、鶏肉や豚肉の消費量も増加している(図2)。特に、ここ数年では豚肉の消費量の伸びが顕著であり、現地関係者は「近年スーパーマーケットに並ぶ生鮮豚肉の量が増えてきており、食卓に上がる機会も増加している」と語っている。このように、年々増加している生産・消費を背景に、近年は輸入や輸出も増加してきており、現地関係者の間では、今後、「アルゼンチン豚肉」が国際市場を賑わせるのではと期待されている(図3)。
図1
図2
図3
【佐藤 宏樹 令和元年5月9日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9805



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.