[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2019年 > EU豚価が3月後半から急上昇

EU豚価が3月後半から急上昇

印刷ページ
 欧州委員会は5月8日、欧州連合(EU)の直近(4月29日の週)の平均豚枝肉卸売価格(注)が、前週から0.3%高の100キログラム当たり170.8ユーロ(2万1521円)であったと発表したが、これは4週前と比較すると6.9%高となっている。
 
 注:同価格は、格付Sクラス(最上位)とEクラス(同2番目)の加重平均。なお、Sクラスが全と畜頭数の6割程度、Eクラスが3割程度(2017年実績)となっている。
 
 EUの豚枝肉卸売価格は今年2月に入ってから上昇傾向で推移し、3月後半からはさらに加速し、13週連続の上昇となった。主要な豚肉生産国であるドイツ、スペイン、デンマーク、オランダを含めほぼすべての加盟国で価格の上昇傾向は強まっているほか、子豚価格も4週前比10.4%高の1頭当たり56.2ユーロ(7081円)と高値で推移している。
 
 欧州委員会が4月に公表した短期需給予測によると、2019年のEU域内の豚肉生産量は前年並みとされている中、価格上昇の要因の一つとして、中国で発生が続いているアフリカ豚コレラ(ASF)の影響による同国向けの輸出需要の増加が考えられる。
 中国はEUの域外向け輸出の4割近くを占める最大の輸出先であるが、EUの1〜2月の中国向け豚肉輸出量(枝肉重量ベース)は、前年同期比15.3%増となっている。なお、EUのEU域外向け全豚肉輸出量も同8.8%増と増加している。
 
 一方、現在のEUの豚枝肉卸売価格は一昨年同期比では下回っており、1〜2月の中国向け輸出量も一昨年と同水準で、かつ、短期間の比較に過ぎないため、今後の動向を注視する必要がある。
 
図1
表1
【調査情報部 令和元年5月13日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8527



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.