[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
国際情報コーナー 農畜産物全般、畜産、野菜、砂糖、でん粉の海外情報、輸出促進対策などの記事、統計

ホーム > 国際情報コーナー > 海外情報 > 海外情報(砂糖) > 米国カーギル社とブラジルUSJが砂糖、エタノール、バイオ発電で事業合併(ブラジル)

米国カーギル社とブラジルUSJが砂糖、エタノール、バイオ発電で事業合併(ブラジル)

印刷ページ

最終更新日:2011年6月7日

 6月2日、米国カーギル社とブラジルUSJグループは、双方、50%ずつ出資し、砂糖、エタノール、バイオ発電について事業合併すると発表した。 
 USJがゴイアス州に所有する砂糖・エタノール工場(サンフランシスコ工場)と、現在、同州に建設中の工場(カショエイラ・ドウラダ工場:2013年稼働予定)が合併事業の対象となる。両工場のさとうきび圧搾能力は合計で1年間に750万トン、さらに発電能力は1時間当たり120メガワットの見込み。なお、USJが保有するサンパウロ州の本社工場は事業合併に含まれない。カーギルは、2006年に砂糖、エタノール企業のブラジルCevasaグループの株式を64%買収し、いまやブラジルの食物、農業だけでなく、エネルギー分野にも進出しており、今回も事業拡大の一環と思われる。
 USJグループは、今回の事業合併で、ゴイアス州を持続可能なさとうきび生産および再生可能エネルギー生産の拠点とし、サプライヤーとして地域の供給網形成に期待する。

(参考)

カーギル社:

本社は米国ミネソタ州。1865年設立し食品、農業、エネルギーの国際企業。世界66か国で従業員13万1000人。ブラジルではサンパウロを拠点とし国内130都市に従業員は7000人。

USJグループ:

本社はブラジル国サンパウロ州。1941年設立し砂糖、エタノール、バイオ発電の企業。ゴイアス州キリノポリス市のサンフランシスコ工場、サンパウロ州アララス市のサン・ジョアン工場で年間約800万トンのさとうきびを処理する中堅企業。従業員は5000人。


【星野 和久 平成23年6月7日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8105



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.