[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
国際情報コーナー 農畜産物全般、畜産、野菜、砂糖、でん粉の海外情報、輸出促進対策などの記事、統計

ホーム > 国際情報コーナー > 海外情報 > 海外情報(砂糖) > 2011/12年度のさとうきびおよび砂糖の生産量は前年度よりも減産と予測(ブラジル)

2011/12年度のさとうきびおよび砂糖の生産量は前年度よりも減産と予測(ブラジル)

印刷ページ

最終更新日:2011年9月5日

 ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は8月30日、2011/12砂糖年度(4月〜翌3月)における生産見込みを発表した。今回は、5月の第1回発表に続く第2回目の発表で、さとうきびの生産量は前年度比5.6%減の5億8892万トンと予測され、増加が予測されていた前回予測から8.5ポイント引き下げられた。また、砂糖生産量についても、前年度比2.9%減の3707万トンと同10.1ポイント引き下げられた。今回のCONABの予測は、8月11日に公表されたブラジルさとうきび産業協会(UNICA)の予測とほぼ同様の内容となっている。
(参考)2011/12年度の中南部のさとうきびおよび砂糖の生産量予測を再下方修正(ブラジル)
表
 CONABが今回、さとうきび生産量を減産と予測した主因は、2010年4〜8月の干ばつ、2011年5月の降雨不足、一部主生産地(サンパウロ州、マットグロッソドスル州およびパラナ州)での降霜、例年ではほとんど見られない出穂、ほ場の更新の停滞により単収が前年(1ヘクタール当たり77,446キログラム)比9.8%減の同69,824キログラムに低下すると分析された。
  CONABではほ場の更新は、4回目の株出し後に行う事が推奨しているものの、最近では資金不足から10回以上の株出しが行われているほ場も少なくない。株出しの回数を重ねると単収が向上せず、これにより平均単収の低下に大きな影響を与えているとみられる。CONABによると、6年経過したほ場(単収:1ヘクタール当たり55トン)は、2年のほ場(単収:同115トン)よりも単収が52.2%減少するとしている。

【岡 千晴  平成23年9月5日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8609



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.