[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
国際情報コーナー 農畜産物全般、畜産、野菜、砂糖、でん粉の海外情報、輸出促進対策などの記事、統計

ホーム > 国際情報コーナー > 海外情報 > 海外情報(砂糖) > 2011/12年度の中南部のさとうきびおよび砂糖の生産量予測について3度目の下方修正(ブラジル)

2011/12年度の中南部のさとうきびおよび砂糖の生産量予測について3度目の下方修正(ブラジル)

印刷ページ

最終更新日:2011年11月2日

 ブラジルさとうきび産業協会(UNICA)は11月1日、2011/12砂糖年度(4月〜翌3月)における国内生産の主産地である中南部の生産量について、生産見込みを発表した。今回は、今年度、4度目の発表となる。さとうきびの生産量は前年度比12.3%減の4億8850万トンと前回予測(8月11日)から3.9ポイント引き下げられた。また、砂糖生産量については、前年度比8.1%減の3080万トンと前回予測(同)から2.3ポイント引き下げられた。いずれも、3回連続の下方修正となった。
(参考)2011/12年度の中南部の砂糖の生産量予測を下方修正(ブラジル) 
     2011/12年度の中南部のさとうきびおよび砂糖の生産量予測を再下方修正(ブラジル)
1
 UNICAが今回、さとうきびの生産量予測をさらに下方修正した背景は、従来から指摘されてきたさとうきびの株の更新の停滞化、2年連続となる冬の降雨不足、降霜および出穂による単収の低下に加え、新たに(1)赤さび病など病気の発生、(2)害虫の発生、(3)単収が低いほ場の拡大を挙げている。
 旧来からの生産地であるサンパウロ州では、単収が20年間で最も低く、収穫されるさとうきびの量が約5000万トン減となるとされているが、ゴイアス州、マットグロッソ州およびマットグロッソドスル州といった近年、生産が拡大している地域での単収の低下は比較的少ないとされる。
 一方、ATR(さとうきび1トン当たりの回収糖分)は、前回の予測より1.5ポイント上方修正されたため、砂糖とエタノールの減少幅は、さとうきびの減少幅に比べて、圧縮された形となっている。



【岡 千晴  平成23年11月2日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8609



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.