[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
国際情報コーナー 農畜産物全般、畜産、野菜、砂糖、でん粉の海外情報、輸出促進対策などの記事、統計

ホーム > 国際情報コーナー > 海外情報 > 海外情報(野菜) > 2011年産の米国カリフォルニア州野菜生産の概要等

2011年産の米国カリフォルニア州野菜生産の概要等

印刷ページ

最終更新日:2012年2月6日

1 2011年産野菜生産の概要

 カリフォルニア州は、米国における野菜の主産地で全米の収穫面積の44%、生産量の50%、生産額の50%を占めており、2011年産の生鮮および生鮮・加工兼用(マッシュルームを除く。)野菜の生産量は、前年を1%下回る989万トンであった。

 生産額が増加した野菜は、アーティチョーク、生鮮にんじん、カリフラワー、セルリー、スイートコーン、きゅうり、にんにく、玉レタス、ロメインレタス、カンタロープメロン、ハネデューメロン、すいか、ピーマン、とうがらし、トマトである。
 一方、生産額が減少した野菜は、アスパラガス、いんげん豆・さや豆、ブロッコリー、キャベツ、リーフレタス、春たまねぎ、夏たまねぎ(貯蔵用・非貯蔵用)、かぼちゃ、ほうれんそう(生鮮・加工用)、その他のかぼちゃである。
1
上図(表1 カリフォルニア州における野菜の生産状況等)の拡大図

注1)ことわりがない限り、生鮮野菜のデータである。
注2)生鮮野菜の価格は初売時の価格である。加工用野菜および生鮮・加工兼用野菜の加工用途向け価格は工場渡し価格である。
注3)生鮮および加工用
注4)夏たまねぎ(貯蔵用)は、乾燥用およびその他加工用が中心である。

2 カリフォルニア州加工用トマト

 2011年におけるカリフォルニア州の加工用トマトの生産量は、前年比3%減の1083万トンであった。
 また、収穫面積は同7%減の101,171ヘクタール、単収は同5%増の1ヘクタール当たり107.03トンであった。
2
3
4
【中野 貴史 平成24年2月6日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4397



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.