[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖の国際需給・需給レポート > 5.日本の主要輸入先国の動向

5.日本の主要輸入先国の動向

印刷ページ

最終更新日:2014年1月10日

5.日本の主要輸入先国の動向

2014年1月

 2012年の砂糖輸入量のうち、甘しゃ糖・分みつ糖(HSコード1701.14‐110)は140万7174トンと、全体の97.7パーセントを占める。そのうち、タイ(58.6%)、豪州(33.6%)、フィリピン(3.0%)、南アフリカ(2.1%)の4カ国で97.4パーセントを占めている(財務省「貿易統計」)。

タイ

 
【生産見通し】
2013/14年度の製糖は、例年の10日遅れで開始


  2013/14砂糖年度(10月〜翌9月)のサトウキビ収穫面積は、135万ヘクタールと微増(前年度比0.2%増)し、生産量は1億271万トン(同2.7%増)と予測されている(表5)。サトウキビ増産や歩留まりの向上から、砂糖生産量は史上最高の1130万トン(粗糖換算、同9.2%増)の見通しとなっている。しかし、10月から乾季となる生産地では激しい降雨が続いたため、今年度の製糖は例年より10日遅れの11月25日から開始された。このため、12月8日までの生産量は、20万5000トン(粗糖換算、前年同期比32.3%減)と前年同期から大幅に減少しており、今後の砂糖生産への影響が懸念される。
 
【貿易動向等】
2013/14年度砂糖輸出量は、前年度比12.3パーセント増の685万トン


  2013/14年度の輸出量は、砂糖の増産予測を受け、685万トン(前年度比12.3%増)と増加見込みであるものの、前月予測から下方修正となった。なお、2013年10月の粗糖・白糖輸出量は25万9000トン(前年同月比13.1%増)となり、主要輸出先はカンボジア、日本、ベトナムであった(図9)。毎月15万トン以上タイ産の粗糖を輸入していたインドネシアは、7月以降徐々にタイ産の輸入量を減らし、豪州、ブラジル、エルサルバドルからの輸入量を増加させている。

 資料:Agra CEAS Consulting “WORLD SUGAR SUPPLY BALANCE, PRICE AND POLICY TREND ANALYSIS, December 2013”
 

豪州

 
【生産見通し】
2013/14年度砂糖生産量は、前年度比4.7パーセント減の424万トン


  2013/14砂糖年度(7月〜翌6月)のサトウキビ収穫面積は、36万4000ヘクタール(前年度比1.1%増)と増加見通しであるものの、単収減により、生産量は3045万トン(同0.2%減)と前月予測から据え置きとなった。単収減の要因は、クィーンズランド州(以下「QLD州」という。)バンダバーグ地域やニューサウズウェールズ州(NSW州)の生産地における今年初めの洪水被害や、QLD州のバンダバーグを含む生産地で発生している「イエローキャノピーシンドローム(YCS)」(葉が黄変し根を腐敗させるサトウキビの病気)による影響とされている。一方、砂糖生産は、前年度から歩留まりが低下しているものの、前月予測から0.1パーセント向上したため、424万トン(粗糖換算、同4.7%減)と上方修正されている(表6)
 
【貿易・政策動向等】
2013/14年度の輸出量は、前年度からやや増加の見通し


 砂糖輸出量は、2012/13年度は前月予測から下方修正、2013/14年度は上方修正されたことから、2013/14年度は289万トン(粗糖換算、前年度比0.3%増)と増加する見通しとなっている(図10)。豪州農業資源経済科学局(ABARES)が12月に発表した四半期報告によると、今年度の輸出量は300万トン近くとなるものの、国際砂糖価格の下落や為替の影響から、輸出額は12億7600万豪ドル(1188億4664万円、1豪ドル=93.14円)と前年度より9パーセントの減少を予測している。一方、消費量は、135万トン(粗糖換算、同0.7%増)と、わずかな増加が予測されている。

 豪州と韓国との自由貿易協定(FTA)は、4年間協議された結果、12月5日に合意が発表された。韓国は、世界第2位の砂糖輸出国であるタイとは2014年から関税ゼロとすることが決まっている。そのため、豪州の最大砂糖輸出相手国である韓国とのFTA合意は(関税3%撤廃)、今後の豪州砂糖産業にさらなる恩恵をもたらすものとしている。

 資料:Agra CEAS Consulting “WORLD SUGAR SUPPLY BALANCE, PRICE AND POLICY TREND ANALYSIS, December 2013”
 注:12月12日TTS相場
 

フィリピン

 
【生産見通し】
  
台風被害により、砂糖生産量は前月予測から下方修正  


  2013/14砂糖年度(9月〜翌8月)のサトウキビ収穫面積は、前年度並みの43万ヘクタールと前月予測から据え置かれたものの、11月8日レイテ島を中心に襲った台風30号の被害により、生産量は前月予測から253万トン下方修正され、2333万トン(前年度比6.7%減)と予測されている。サトウキビ減産予測を受け、砂糖生産量も前月予測から下方修正され、230万トン(粗糖換算、同6.7%減)の見通しである(表7)。
 
【貿易動向等】
2013/14年度輸出量は、砂糖減産見通しから前年度比14.2パーセント減


  2013/14年度の砂糖消費量は、前月予測からわずかに下方修正され、220万トン(粗糖換算、前年度並み)と予測されている。輸出量は、砂糖減産の見通しを受け、前月予測から7万2000トン下方修正され、28万5000トン(粗糖換算、同14.2%減)とされた。なお、2013年8月の粗糖・白糖輸出量は2万8000トン(前年同月並み)で、主要輸出先は日本、米国、韓国であった(図11)。

 資料:Agra CEAS Consulting “WORLD SUGAR SUPPLY BALANCE, PRICE AND POLICY TREND ANALYSIS, December 2013”
 

南アフリカ

 
【生産見通し】
2013/14年度砂糖生産量は、前年度から大幅増の見込み


  2013/14砂糖年度(4月〜翌3月)のサトウキビ生産量は、天候に恵まれたことによる単収増や収穫面積の拡大見込みにより、2014万トン(前年度比16.6%増)と大幅な増加が予測されている。収穫時期の天候条件が良好であり、順調な収穫や歩留まりの向上により、同年度砂糖生産量は252万トン(粗糖換算、同21.1%増)と、前月予測から増加見通しとなっている(表8)。
 
【貿易動向等】
2013/14年度輸出量は、前年度から大幅増の予測


  2013/14年度の砂糖消費量は、189万トン(粗糖換算、前年度比2.2%増)と予測されている。また、増産見込みを受け、輸出量は81万トン(粗糖換算、同124.2%増)と大幅な増加が見込まれている(表8)。なお、2013年10月の粗糖・白糖輸出量は8万8400トン(前年同月比88.8%増)で、主要輸出先はモザンビーク、インドネシア、インドであった(図12)。

 資料:Agra CEAS Consulting “WORLD SUGAR SUPPLY BALANCE, PRICE AND POLICY TREND ANALYSIS, December 2013”
 
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-8713



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.