[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2010年 > 日本からの牛肉、豚肉、乳製品の輸入を一時停止(シンガポール)

日本からの牛肉、豚肉、乳製品の輸入を一時停止(シンガポール)

印刷ページ

口蹄疫発生を理由に牛肉、豚肉、乳製品の輸入を一時停止

 シンガポールの食品安全、動物衛生を所管する農食品獣医庁(AVA)は4月26日、日本の養牛農家で口蹄疫が発生したとの報告があったため、日本からの牛肉、豚肉、乳製品の輸入を一時停止したとの回状(Circular)を食肉、食品輸入業者あてに発出した。
 回状によれば、発生日である平成22年4月7日より前に製造され、現在輸送中である積荷に対しては、この一時停止措置を適用しないとのことである。

乳製品については、要件を満たすものは引き続き輸入可能

 また、回状によれば、乳製品については、以下のいずれかにより殺菌された牛乳を原料として製造された乳製品であることが衛生証明書から確認できるものについては、一時停止措置を適用しないとしている。
(1)摂氏132度以上で1秒以上の殺菌処理(超高温瞬間殺菌(UHT))
(2)pHが7.0未満の場合、摂氏72度以上で15秒以上の殺菌処理(高温短時間殺菌(HTST))
(3)pHが7.0以上の場合、HTST行程を2回実施

前回には発生後約7カ月で一時停止措置を解除

 シンガポールは、前回日本で口蹄疫が発生した2000年には、3月29日付で牛肉の輸入を一時停止した。この時には、同年10月19日に一時停止措置を解除している。
 なお、この際には、日本は同年9月26日、国際獣疫事務局による「ワクチン非接種清浄国」に復帰している。

【参考】日本からの牛肉、豚肉、乳製品輸入(2009年)

(単位:輸入量は、食肉はトン、その他はキログラム、輸入額は千シンガポールドル)
牛肉    
  骨なし牛肉(生鮮・冷蔵)

輸入量

20.86

  (HSコード 02013000)

輸入額

2,456

豚肉    
  冷凍豚肉(骨付きのもも、かた以外)

輸入量

9.27

  (HSコード 02032900)

輸入額

225

牛乳・乳製品    
  ミルク及びクリーム(濃縮、乾燥、加糖していないもの)

輸入量

5,683.59

  (HSコード 0401) 輸入額

86

  ミルク及びクリーム(濃縮、乾燥、加糖したもの) 輸入量

179,766.49

  (HSコード 0402) 輸入額

1,123

  ヨーグルトなど 輸入量

44,257.40

  (HSコード 0403) 輸入額

340

  ホエイなど 輸入量

88.00

  (HSコード 0404) 輸入額

49

  バターなど 輸入量

82,396.81

  (HSコード 0405) 輸入額

403

  チーズ及びカード 輸入量

5,208.35

  (HSコード 0406) 輸入額

107

資料:シンガポール国際企業庁「Singapore Trade Statistics」
注:1シンガポールドル=約68円
【佐々木 勝憲 平成22年4月27日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部調査課 (担当:平石)
Tel:03-3583-9534



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.