[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2015年 > NZからの粉乳輸入、2015年はわずか3日でSG発動(中国)

NZからの粉乳輸入、2015年はわずか3日でSG発動(中国)

印刷ページ
 中国海関総署は1月6日、2015年公告第1号(2015年ニュージーランド(NZ)産固体乳製品・濃縮乳およびクリームの輸入に関するセーフガード(SG)措置の実施)を公表した。これによると、1月3日の時点で、NZ産粉乳の輸入申告数量がSG発動水準に達したため、4日以降に申告されたものについては、中NZ自由貿易協定(FTA)の協定税率3.3%(2015年)から最恵国税率10%が適用される。
 なお、中NZFTAにおいて、粉乳の協定税率は段階的に削減され、2019年以降は撤廃される。SG措置については、協定税率割当数量が年々拡大し、2023年の19万7000トンまで設定されている。2015年の協定税率割当数量は13万3675トンであり、1月3日時点の累計申告数量は16万2483トンであった(表)。近年、中国のNZ産粉乳の輸入をめぐっては、FTAの協定税率適用を狙い、1月に輸入が集中しており(図)、SGの発動時期も年々早まっている。
表
図
【木下 瞬 平成27年1月16日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8527



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.