[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2017年 > トウモロコシの収穫に遅れ(米国)

トウモロコシの収穫に遅れ(米国)

印刷ページ
 米国農務省全国農業統計局(USDA/NASS)が2017年11月6日に公表した「Crop Progress」によると、11月5日時点の2017/18穀物年度(9月〜翌8月)のトウモロコシの収穫進捗率は、70%と天候不順により、過去5カ年平均よりも13ポイント低くなっている(図1)。一方、大豆については、同時点で90%と過去5カ年平均(91%)並みとなっている。
171108海外情報図1
 USDAが9月29日に公表した「Grain Stocks」によると、2017年9月1日時点のトウモロコシの在庫量は、前年同月比32.1%増の22億9497万ブッシェル(5829万トン)、大豆の在庫量は同53.2%増の3億133万ブッシェル(820万トン)となった(図2)。現在、収穫時期を迎えている中、一部の農家では、貯蔵庫の保管能力を上回っており、野積みせざるを得ない状況もみられている。
171108海外情報図2
 また、USDAが10月12日に公表した「World Agricultural Supply and Demand Estimates」によると、2017/18穀物年度のトウモロコシの生産量は、1428億ブッシェル(3億6271万2000トン)と昨年に次いで過去2番目の豊作となる見込みである。穀物調査会社のアドバンストレーディング社は、同年度の穀物保管能力は、ネブラスカ州、アイオワ州、イリノイ州などで不足する可能性があるとしている。
171108海外情報写真
【渡邊 陽介 平成29年11月8日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4397



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.