[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2018年 > 韓国農林畜産食品部、採卵鶏の飼養基準を改正

韓国農林畜産食品部、採卵鶏の飼養基準を改正

印刷ページ
 韓国農林畜産食品部は、2017年12月27日に発表された「食品安全改善総合対策」に従って、畜産法等関連法を改正した。
 2018年9月1日に施行された畜産法施行令において、採卵鶏について飼養密度に関する基準を現行の500平方センチメートル/羽から750平方センチメートル/羽に変更した。新規就農や新しい鶏舎を建築する際には直ちに適用されるが、従来ケージを使用している既存農家には2025年9月まで猶予期間が設けられている。農林畜産食品部はこの措置について「鳥インフルエンザ(AI)対策の一環」として養鶏農家に周知しているが、韓国養鶏協会によれば「AIはウイルスによるものなので、飼養密度を変更しても根本的な対策にはならない。飼養密度に関しては、アニマルウェルフェアの声も高まっているので、養鶏協会としても徐々に広げる(以前は420平方センチメートル/羽であった)などソフトランディングを目指していたが、今回の改正で大きく広げなくてはならなくなった。また、現在は卵が余っている状況だが、新しい基準は新規参入を抑えることになる。2025年までの猶予期間というのは、そのころには需給調整が必要なくなるだろうという協会の計算のもと要求したもの。」とのことである。

 
【露木 麻衣 平成30年12月14日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8105



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.