[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2019年 > 米国農務省による世界のトウモロコシ・大豆需給予測(2019年12月)

米国農務省による世界のトウモロコシ・大豆需給予測(2019年12月)

印刷ページ

2019/20年度の世界のトウモロコシ期末在庫量、再び3億トン台に上方修正

 米国農務省海外農業局(USDA/FAS)は2019年12月10日、「Grain:World Markets and Trade」において世界のトウモロコシ需給予測値を更新した。
 今回の予測では、2019/20年度の世界のトウモロコシ生産量は、中国が収穫面積や単収の増加により前回より上方修正されたが、米国が前年度比5.3%減となるなど世界計では同1.4%減の11億862万トンと予測されている(表1)。
 輸出量は、海外からの需要を背景として堅調な輸出が続いているブラジルが2回続けて、またパラグアイが近隣国からの需要を背景に上方修正され、世界計では同0.2%増の1億7233万トンと予測されている。
 輸入量は、中国が大幅に増加する一方、EUが減少する見込みであり、世界計では同0.2%増の1億7233万トンと予測されている。
 消費量は、米国の減少が見込まれていることなどから、世界計では同1.7%減の11億2723万トンと予測されている。
 期末在庫は、中国で今回上方修正され、世界計で同5.8%減の3億56万トンと前回の3億トン割れから上方修正され再び3億トン台になると予測されている。
表1

2019/20年度の世界の大豆生産量、中国で前回より上方修正

 USDA/FASは2019年12月10日、「Oilseeds:World Markets and Trade」を公表し、世界の大豆需給予測値を更新した。
 今回の予測では、2019/20年度の世界の大豆生産量は、中国が収穫面積と単収の増加により前回より100万トン上方修正されたが、前年度比では、米国やアルゼンチンで減少していることから、世界計では前年度比5.8%減の3億3748万トンと予測されている(表2)。
 輸出量は、ブラジル、米国等の主要国が増加を見込む中、アルゼンチンが今回下方修正されたことから、世界計ではほぼ前年度並み(同0.05%減)の1億4915万トンと予測されている。 
 輸入量は、ベトナムが輸入を大豆から大豆ミールにシフトし減少しているが、最大の輸入国である中国が前年度をやや上回ることなどから、世界計では同1.8%増の1億4794万トンと予測されている。
 消費量(搾油仕向け)は、アルゼンチン、ブラジル、米国等が前年より増加することなどから、世界計では同1.7%増の3億283万トンと予測されている。
 期末在庫は、中国、ブラジルで今回上方修正されたが、米国、アルゼンチン等で取り崩しが進むことなどから、世界計では同12.2%減の9640万トンと予測されている。
表2

2019/20年度の米国のトウモロコシ需給予測、前回と変化なし

 米国農務省世界農業観測ボード(USDA/WAOB)は2019年12月10日、2019/20年度(9月〜翌8月)の米国の主要農作物需給見通しを公表した。このうち、米国のトウモロコシ需給見通しは前回と変化なく、次の通りである。
 生産量は、前回と変わらず、前年度比5.3%減の136億6100万ブッシェル(3億4699万トン(注1))と予測されている(表3)。なお、米国の主要生産地における収穫は例年より遅れており、12月8日現在の収穫率は92%(前年同期は100%)となっている。
 消費量は、全体の45%程度を占める飼料等向けが前年度比6.1%減となる一方、食品・種子・その他工業向け(エタノール向けを含む)が前年度並みとなり、全体では同2.8%減の120億6500万ブッシェル(3億645万トン)と予測されている。
 輸出量は、シーズン当初の販売と船積みが通常のペースより遅かったことを反映して、同10.4%減の18億5000万ブッシェル(4699万トン)と予測されている。
 期末在庫は、消費量、輸出量とも前年を下回る一方、期首在庫が前年より少なく、生産量が減少することから在庫が取り崩され、同9.6%減の19億1000万ブッシェル(4851万トン)と予測されている。
 生産者平均販売価格は前回と変わらず、1ブッシェル当たり3.85米ドル(1キログラム当たり16.8円:1米ドル=111円)と予測されている。

(注1)1ブッシェルを25.4キログラムとしてALICが換算。
表3
【井田 俊二 令和元年12月13日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9532



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.