[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2019年 > 備蓄豚肉を相次いで放出(中国)

備蓄豚肉を相次いで放出(中国)

印刷ページ
 中国では、非常時の供給と価格安定を目的に豚肉の備蓄(注)が行われている。ASFなどの影響で豚肉価格が高騰したため、2019年9月以降複数回にわたり、中央および地方政府が備蓄豚肉を市場に放出している(表)。
 (注)豚肉備蓄制度については、畜産の情報2016年6月号「最近の中国の豚肉需給動向」P.79を参照されたい。
表 2019年の備蓄豚肉放出実績(報道ベース)
 豚肉小売価格は、2019年9月の備蓄豚肉放出後も上昇を続け、同年11月第1週には、1キログラム当たり58.71元(933円、1元=15.9円)となった。その後、同年10月に繁殖雌豚の飼養頭数が増加に転じたこと、国慶節(10月1〜7日)需要が落ち着いたことなどから下降傾向にあったものの、元旦および春節(2020年1月24〜30日)に向けてベーコン・ソーセージなど中国式の自家用豚肉加工品の生産が始まったことなどから、横ばいに転じている(図)。
 中央政府は、今後も継続的に備蓄を放出するなどの豚肉の安定供給を強調しているが、現地報道によると春節が終わるまではこのまま高値が続くとの見方もある。
図 2019年の豚肉小売価格の推移
写真1 春節用ベーコン。湖南省産 1キログラム100元(約1600円)
写真1 春節用ベーコン。湖南省産 1キログラム100元(約1600円)
写真2 春節用ソーセージ。四川省産 1キログラム76元(約1200円)
写真2 春節用ソーセージ。四川省産 1キログラム76元(約1200円)
【寺西 梨衣 令和元年12月26日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9534



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.