[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2020年 > 米国農務省による世界のトウモロコシ・大豆需給予測(2020年6月)

米国農務省による世界のトウモロコシ・大豆需給予測(2020年6月)

印刷ページ

2020/21年度の世界トウモロコシ生産量、前年度比6.6%増と予測

 米国農務省海外農業局(USDA/FAS)は2020年6月11日、「Grain:World Markets and Trade」において、2020/21年度の世界のトウモロコシ需給予測値を更新した。
 これによると、2020/21年度の世界のトウモロコシ生産量は、ブラジルが作付面積の増加により前回より100万トン上方修正されたのをはじめ、ニカラグアなど、全体で162万トン上方修正され、前年度比6.7%増の11億8848万トンと見込まれている(表1)。国別では、最大の生産国である米国が前年度から大幅に回復するのをはじめ、ブラジル、ウクライナが記録的に大きな生産量になると見込まれている。
 輸出量は、前回予測値と大きな差がなく生産量が増加したザンビアなどが前回より上方修正され、同4.6%増の1億8289万トンと見込まれている。これは、全体のトウモロコシ供給量が増加し、競合する飼料用小麦との価格競争力が高まったことなどが背景となっている。 一方、輸入量は、タイやホンジュラスなどが上方修正された。なお、2019/20年度(推計値)の輸出量が、アルゼンチンが前回より100万トン上方修正される一方、ブラジルが100万トン下方修正された。
消費量は、中国が前回より100万トン上方修正されるなど、全体で155万トン上方修正され、同3.8%増の11億6351万トンと見込まれている。全体の需給では、生産量が消費量を上回る状況を維持している。
 期末在庫は、生産量が増加するブラジルのほかインドなどが前回より上方修正された一方、消費量が増加する中国のほかアルゼンチン、南アフリカ共和国およびパラグアイが下方修正された結果、全体で175万トン下方修正され、同8.0%増の3億3787万トンとかなりの程度の増加が見込まれている。
表1

2020/21年度の世界の大豆生産量、前年度比8.2%増と予測

 USDA/FASが2020年6月11日、「Oilseeds:World Markets and Trade」において、2020/21年度の世界の大豆需給予測値を更新した。
 これによると、2020/21年度の世界の大豆生産量は、前回予測値と大きな差がなく、前年度比8.2%増の3億6285万トンとかなりの程度増加すると見込まれている(表2)。国別生産量をみると、前年度、ブラジルに次ぐ生産量となった米国は、作付面積、単収が回復することから、同16.1%増の1億1226万トンと大幅に増加する。また、ブラジルは、同5.6%増の1億3100万トンと2019/20年度に続き米国を上回る。
 輸出量は、前回予測値と大きな差がなく、同4.1%増の1億6198万トンと見込まれている。最大の輸出国であるブラジルやアルゼンチンが前年度を下回る一方、米国が中国向けを中心に同24.2%増の5579万トンと大幅に上回る。輸入量は、前回予測値から修正がなく、同1.8%増の1億5802万トンと見込まれている。なお、2019/20年度(推計値)において、ブラジル、アルゼンチンの輸出量が前回よりそれぞれ100万トン上方修正された一方、その輸出相手先である中国の輸入量が200万トン上方修正された。
 消費量(搾油仕向け)は、前回より91万トン上方修正され、同3.7%増の3億1371万トンと見込まれている。ASF(アフリカ豚熱)からの回復により豚飼養頭数が増加し需要の強い中国のほか米国などが前回より上方修正された。
 期末在庫は、前回より205万トン下方修正され、同2.9%減の9634万トンと見込まれている。これは、前年度からの繰越在庫が増加する中国が上方修正された一方、ブラジルやアルゼンチンが前回より下方修正されたことなどによるものである。

表2

2020/21年度の米国トウモロコシ生産量、前年度比で大幅増を維持

 米国農務省世界農業観測ボード(USDA/WAOB)は2020年6月11日、2020/21年度(9月〜翌8月)の米国の主要農作物需給予測値を更新した。このうち、米国のトウモロコシ需給見通しは、次の通りである。
 生産量は、作付面積、収穫面積、単収とも前回予測値から修正がなく、前年度比17.5%増の159億9500万ブッシェル(4億627万トン(注))と依然として大幅な増加が見込まれている(表3)。2019/20年度は、天候不順や洪水被害の影響で生産量は、前年度比5.0%減となった。一方、2020/21年度は、作付面積および収穫面積が増加するとともに単収が過去最高となるため、生産量は、これまで最も大きかった2016/17年度の151億4800万ブッシェル(4億507万トン)を上回る水準になると見込まれている。
 消費量も、前回予測値から修正がなく、同5.4%増の126億5000万ブッシェル(3億2131万トン)と見込まれている。
 輸出量も、前回予測値から修正がなく、世界の貿易量の増加を背景に同21.1%増の21億5000万ブッシェル(5461万トン)と大幅な増加が見込まれている。
 期末在庫は、2019/20年度からの繰越在庫が前回予測値から500万ブッシェル上方修正された結果、同58.0%増の33億2300万ブッシェル(8440万トン)と大幅に増加すると見込まれている。この結果、期末在庫率(総消費量に対する期末在庫量)は、22.5%と前回予測値を0.1ポイント上回った。
 また、生産者平均販売価格は、前回予測値から修正がなく、1ブッシェル当たり3.20米ドル(1キログラム当たり13.7円:1米ドル=109円)と見込まれている。
 なお、米国農務省全国農業統計局(USDA/NASS)が公表した穀物の生育状況に関するレポートによると、2020年6月21日時点の生育状況について、「良い」または「とても良い」とするのは全体の72%で、天候不順や洪水被害により状況が悪化した前年同期(56%)を上回っている。

(注)1ブッシェルを25.4キログラムとしてALICが換算。
表3
【井田 俊二 令和2年6月29日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 国際調査グループ (担当:井田 俊二)
Tel:03-3583-9532



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.