[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2021年 > 米国農務省による世界のトウモロコシ需給予測(2021年5月)

米国農務省による世界のトウモロコシ需給予測(2021年5月)

印刷ページ

2021/22年度の世界のトウモロコシ生産量、やや増加する見込み

 米国農務省世界農業観測ボード(USDA/WAOB)および米国農務省海外農業局(USDA/FAS)は2021年5月12日、2021/22年度最初の世界のトウモロコシ需給予測値を公表した(表2)。
 これによると、同年度の世界のトウモロコシ生産量は11億8985万トン(前年度比5.4%増)とやや増加が見込まれている。国別に見るとブラジル(1億1800万トン、同15.7%増)やウクライナ(3750万トン、同23.8%増)、中国(2億6800万トン、同2.8%増)での記録的な生産増が予測され、米国(3億8076万トン、同5.7%増)やアルゼンチン(5100万トン、同8.5%増)でも過去最高水準に近い生産が見込まれている。
 輸出量は、飼料用の需要の高まりから世界全体で1億9747万トン(同5.7%増)とやや増加が見込まれている。国別に見るとブラジル(同22.9%増)とウクライナ(同32.6%増)で大幅な増加が見込まれるものの、米国はこれら輸出国との競合により大きな減少が見込まれている。
 輸入量は、世界全体で1億8951万トン(同3.1%増)とやや増加が見込まれている。国別に見ると、主要輸入国である中国の輸入量は2600万トンと前年度から変わらないものの、引き続き高水準で推移すると見込まれている。
 消費量は、供給量の増加や経済の回復を受けて、飼料用のみならずその他の用途での需要も高まることから、世界全体で11億8108万トン(同2.8%増)とわずかな増加が見込まれている。国別に見ると、消費大国である米国(1.8%増)や中国(1.7%増)に加え、ブラジル(3.5%増)などの増加が見込まれている。
 期末在庫量は、米国とブラジルが次年度へ持ち越す在庫量を増やすことで、2億9230万トン(同3.1%増)とやや増加が見込まれている。
表1

2021/22年度の米国トウモロコシ期末在庫率、10%台に上昇する見込み

 USDA/WAOBは2021年5月12日、2021/22年度(9月〜翌8月)最初となる米国の主要農作物需給予測値を公表した。このうち、同国のトウモロコシ需給見通しは次の通りである(表3)。
 生産量は、作付面積と単収の増加を受けて149億9000万ブッシェル(3億8076万トン(注)、前年度比5.7%増)とやや増加が見込まれている。
 消費量は、食品・種子・その他工業向け(エタノール向けを含む)の需要が増すことで、123億1500万ブッシェル(3億1281万トン、同1.8%増)と見込まれている。
 輸出量は、ロシア産やウクライナ産との競合によって米国産のシェアが縮小し、24億5000万ブッシェル(6223万トン、同11.7%減)と記録的な輸出量となった前年度からかなり大きな減少が見込まれている。
期末在庫量は、生産量が増加する一方、輸出量が減少することから、15億700万ブッシェル(3828万トン、同19.9%増)と大幅な増加が見込まれている。その結果、期末在庫率(総消費量に対する期末在庫量)は10.2%(同1.7ポイント増)とわずかに回復するものの、2016/17〜2019/20年度の平均値を下回ると見込まれている。
 また、生産者平均販売価格は、1ブッシェル当たり5.70米ドル(627円。1キログラム当たり24.7円:1米ドル=110円)と前年度から大幅な上昇が見込まれている。

(注)1ブッシェルを約25.401キログラムとして農畜産業振興機構が換算。
表2
【塩原 百合子 令和3年5月20日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4396



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.