[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2021年 > 2021年6月の肉用牛飼養頭数、前年比2.5%増(NZ)

2021年6月の肉用牛飼養頭数、前年比2.5%増(NZ)

印刷ページ
 ニュージーランドの牛肉および羊肉生産者で組織するビーフ・アンド・ラム・ニュージーランド(BLNZ)は8月16日、2021年6月末時点の肉用牛の飼養頭数が2年ぶりの増加となる398万頭(前年比2.5%増)となったことを公表した(図1)。これは、BLNZが独自に、500戸以上の肉用牛経営に対して実施した調査結果を基に、全体の飼養頭数を推計したものである。
 
図1 肉用牛飼養頭数の推移
 内訳を見ると、繁殖雌牛は105万7000頭(同0.9%減)とわずかに、子牛は116万5000頭(同6.2%減)とかなりの程度、いずれも減少した。一方で、その他の肉用牛(注:去勢肥育牛が主体)は、昨シーズンの子牛頭数の増加を背景に、飼養頭数の約7割を有する北島での増加を受け、175万8000頭(同11.7%増)とかなり大きく増加した(表1)。
 北島では、全ての地域でその他の肉用牛に該当する酪農由来の2歳以上の肉用牛(注:乳用種又は肉専用種と乳用種の交雑を去勢した肥育牛など)の保留が増加しているとされている。これは、乾燥などの気候条件により、秋(3月〜5月)に牛が仕上げられず飼養期間が長期化したケースがあったことなどが要因として挙げられている(図2)。また、南島の減少要因として、昨年に続く未経産牛の販売価格の低下から、繁殖農家の収益性の悪化などにより、子牛の頭数も減少したことが挙げられている。
表1 肉用牛飼養頭数の内訳
図2 直近2年間の乾燥エリア分布図(3月1日時点)
【廣田 李花子 令和3年9月16日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9530



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.