[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2021年 > 米国農務省による世界の大豆需給予測(2021年10月)

米国農務省による世界の大豆需給予測(2021年10月)

印刷ページ

2021/22年度の期末在庫、生産増と需要緩和で引き続き上方修正

 米国農務省世界農業観測ボード(USDA/WAOB)および米国農務省海外農業局(USDA/FAS)は2021年10月12日、2021/22年度の世界の大豆需給予測値を更新した。
 これによると、世界の大豆生産量は前月から72万トン上方修正の3億8514万トン(前年度比5.4%増)と前年度に続く記録的な生産が見込まれている(表)。最大の生産国であるブラジルが過去最大とされるほか、主要生産国の米国やアルゼンチンも前年度を上回ると見込まれている。特に米国は、収穫面積に変更がない中で、前月に続いて単収が上方修正(0.9ブッシェル増の1エーカー当たり51.5ブッシェル)され、同じく過去最大の生産量が見込まれている。
 輸出量は、世界全体で1億7308万トン(同5.0%増)と前月から9万トン下方修正された。国別に見ると、最大の輸出国であるブラジルは、作付面積の拡大などに伴う生産増を背景に9300万トン(同13.9%増)と前年度をかなり大きく上回る一方、米国は、繰越在庫が少ないことなどから5688万トン(同7.8%減)と前年度をかなりの程度下回ると見込まれている。
 輸入量は、世界全体で1億7062万トン(同2.9%増)と前月から32万トン下方修正された。国別に見ると、最大の輸入国である中国は前月と変わらず1億100万トン(同2.0%増)に据え置かれた。中国は、国内でのアフリカ豚熱発生後、減少した豚飼養頭数の回復に歩調を合わせる形で世界の大豆貿易をけん引してきたが、その後の豚飼養頭数の増加が豚肉価格の下落を招いたことで、養豚生産に一定の抑制が生じ飼料需要は落ち着きを見せている。
 消費量(搾油仕向け)は、世界全体で3億2839万トン(同4.0%増)と前月から96万トン下方修正された。最大の消費国である中国は前月から変更されなかったが、アルゼンチンは搾油需要の減少を要因に前月から100万トン下方修正された。
 この結果、期末在庫は、前月より568万トン上方修正の1億457万トン(同5.5%増)とされ、2018/19年度以来の1億トン台が見込まれている。
表
【横田 徹 令和3年10月26日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9174



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.