[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2022年 > イタリア本土で野生イノシシのアフリカ豚熱発生を確認(EU)

イタリア本土で野生イノシシのアフリカ豚熱発生を確認(EU)

印刷ページ
 イタリアの動物疾病検査機関(IZSPLV)は1月8日、同国北西部のピエモンテ州アレッサンドリア県で発見された野生イノシシの死体からアフリカ豚熱ウイルスが確認されたと発表した。
IZSPLVによると、この他にもアフリカ豚熱の疑いのある症例が2件確認されており(1件は同州同県、もう1件は隣接するリグーリア州ジェノバ県)、現在検査が進められている(図)。
 イタリアでは、サルジニア島で現在に至るまでアフリカ豚熱の発生が継続して確認されている。イタリア保健省によると、今回確認されたウイルスはサルジニア島で確認されているウイルスとは遺伝子的に異なっており、近年欧州で広がっているアフリカ豚熱のウイルスに類似している。
 ピエモンテ州政府は、野生動物保護に関する法律を改正し、担当職員を拡充させなければ野生イノシシへの感染拡大を防ぐことは困難になると警告している。
 イタリアの農業生産者連合(Coldiretti)は、アフリカ豚熱発生を防ぐための政府当局の努力が不十分であったと非難するとともに、イタリアで230万頭以上いると推測される野生イノシシの数を減らすため、早急な活動を行うよう求めている。
 同疾病の発生を受け、日本はイタリアからの豚肉等の一時輸入停止措置を講じた。財務省によると、2020年のイタリアからの豚肉の輸入量は7088トン、豚肉加工品は3144トンであった。
図 ピエモンテ州、リグーリア州の位置
【調査情報部 令和4年1月14日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8527



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.