[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 畜産の情報

畜産の情報

印刷ページ

最終更新日:2017年6月26日

◎各タイトルの右横にあるPDFファイル(PDFボタン)を押すと印刷用PDFが表示されます。

2017年7月号

■話題■
 ◆乳製品の動物検疫について PDFファイル
  農林水産省 消費・安全局 動物衛生課 国際衛生対策室 室長 伊藤 和夫

■需給動向
 国内
 ◆牛肉 米国産ショートプレート、一段高

 ◆豚肉 冷蔵品輸入量、6カ月連続で前年同月を上回る

 ◆鶏肉 平成28年の肉用若鶏の処理重量、初の200万トン超え

 ◆牛乳・乳製品 脱脂粉乳は減産傾向も、追加輸入で需給は安定に

 ◆鶏卵 5月の鶏卵相場、前月比11円安
 
 海外
 ◆主要畜産国の需給PDFファイル

 ◆牛肉
    (米国)フィードロット飼養頭数は2013年以来の高水準
    (豪州)フィードロット飼養頭数、100万頭を突破
    (NZ)2016/17年度牛肉生産・輸出量、乳牛淘汰の減などにより減少見込
    (中国)牛肉輸入は引き続き増加の見込み
   
 ◆豚肉
    (米国)1〜4月の豚肉生産量は前年同期をわずかに上回る
    (EU)減産、輸出需要増で豚価はさらに上昇
    
 ◆鶏肉
    (ブラジル)AI未発生国のブラジル産への引き合い強まる
   
 ◆牛乳・乳製品
    (米国)チーズ、脱脂粉乳の輸出量は前年同月比大幅増
    (EU)生乳出荷量が回復の兆し、バターは依然として高値
    (豪州)生乳生産は減少が続くも、酪農家の景況感は改善
    (NZ)生乳生産は増加、次年度乳価は高水準の設定
    (中国)輸入ヨーグルトは好調も、輸入飲用乳は減速

 ◆飼料穀物
    (世界)2017/18年度のトウモロコシ生産量はやや減少の見込み
    (米国)トウモロコシ輸出量は前年度比大幅減の見込み

■調査・報告■
 ◆成長産業化ファンドを活用した肉用牛6次化ビジネスの拡大展開
  〜鹿児島県の潟rースマイルプロジェクトを事例として〜 PDFファイル
   中村学園大学 流通科学部 准教授 中川 隆

 ◆黒毛和牛の受胎率に寄与する環境要因の調査 PDFファイル
   国立大学法人宮崎大学テニュアトラック推進機構
       テニュアトラック准教授 佐々木 羊介ほか

■海外情報
 ◆2016年農業センサスにみるカナダ畜産業の概況 PDFファイル
   調査情報部 野田 圭介

 ◆中国家きん産業の動向
  〜ブロイラー、鶏卵を中心に〜 PDFファイル
   調査情報部 木田 秀一郎、木下 雅由

 ◆ブラジル酪農の現状と今後の拡大可能性 PDFファイル
   調査情報部 米元 健太、伊佐 雅裕

■農林水産省から
 ◆ ロシアのイルクーツク州(モンゴル国境付近)でアフリカ豚コレラの発生を確認! PDFファイル
   農林水産省 消費・安全局 動物衛生課 家畜防疫対策室

 ◆薬剤耐性(AMR)対策の推進についてPDFファイル
   〜対策を進めるため、抗菌性飼料添加物の指定を見直していきます〜
   農林水産省 消費・安全局 畜水産安全管理課

■機構から
 ◆ 「国産農林水産物・食品への理解増進事業」の報告書について PDFファイル
   調査情報部

 

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-4398  Fax:03-3584-1246



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.