[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 畜産の情報

畜産の情報

印刷ページ

最終更新日:2018年9月25日

◎各タイトルの右横にあるPDFファイル(PDFボタン)を押すと印刷用PDFが表示されます。

2018年10月号

■話題■
 ◆新規参入に携わることで見えてきたもの PDFファイル
   〜地域づくり(農業振興)とJAの役割〜
    北海道計根別農業協同組合 営業部 部長 金野 智樹

■需給動向
 国内
 ◆国内の畜産物の需給動向 
       平成29年度の供給熱量ベース食料自給率、2年連続の38%

 ◆牛肉 平成29年度の牛肉自給率、前年度から2ポイント減の36%

 ◆豚肉 平成29年度の豚肉自給率、前年度から1ポイント減の49%

 ◆鶏肉 平成29年度の鶏肉自給率、前年度から1ポイント減の64%

 ◆牛乳・乳製品 平成29年度の牛乳・乳製品の自給率、前年度から2ポイント減の60%

 ◆鶏卵 平成29年度の鶏卵自給率、前年度から1ポイント減の96%
 
 海外
 ◆主要畜産国の需給PDFファイル

 ◆牛肉
    (米国)フィードロット飼養頭数は過去最高
    (カナダ)牛群縮小が進む一方、牛肉の生産と輸出は堅調
    (豪州)雌牛と畜頭数・フィードロット飼養頭数、干ばつにより増加
   
 ◆豚肉
    (EU)増産傾向の中、豚価は前年水準を下回って推移
   
 ◆鶏肉
    (米国)生産、輸出が好調な中、新たな輸出市場を獲得
    (ブラジル)ストライキとEU向け輸出停止の影響が顕著に
    (中国)国内の鶏肉小売価格は回復し、日本への鶏肉調製品輸出は堅調に推移
   
 ◆牛乳・乳製品
    (EU)生乳出荷量は16カ月連続で増加
    (豪州)2017/18年度の生乳生産量は、前年度比3.1%増

 ◆飼料穀物
    (世界)2018/19年度の世界のトウモロコシ生産量は上方修正
    (米国)2018/19年度の米国トウモロコシの生産量は増加見込みに

■調査・報告■
 ◆新しい畜産経営のかたち
   〜株式会社重次郎 中屋敷氏の挑戦〜PDFファイル
   鹿児島大学 学術研究院・農水産獣医学域 農学系 
                     教授(九州大学客員教授) 後藤 貴文

 ◆特色ある地域資源を活用した地域ブランド牛の取り組みPDFファイル
   畜産経営対策部 肉用牛肥育経営課

 ◆平成29年度鶏肉調製品の消費実態調査の結果についてPDFファイル
   畜産需給部 需給業務課

■海外情報
 ◆ニュージーランドの牛肉生産・輸出動向PDFファイル
   調査情報部 大塚 健太郎、
            木下 雅由(現農林水産省生産局畜産部畜産企画課)

 ◆ミャンマーの鶏肉の生産、流通動向PDFファイル
  〜ヤンゴン、マンダレーの事例を中心に〜
   調査情報部 青沼 悠平、小林 誠

■農林水産省から
 ◆中国でアフリカ豚コレラの発生が継続!PDFファイル
   農林水産省 消費・安全局 動物衛生課 家畜防疫対策室

 ◆現場での抗菌剤慎重使用に役立つガイドブックを紹介!!PDFファイル
   農林水産省 消費・安全局 畜水産安全管理課

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-4398  Fax:03-3584-1246



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.