[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 畜産の情報

畜産の情報

印刷ページ

最終更新日:2020年5月25日

◎各タイトルの右横にあるPDFファイル(PDFボタン)を押すと印刷用PDFが表示されます。

2020年6月号

■話題
気候変動が自給飼料生産に及ぼす影響と栽培管理技術の対応PDFファイル
雪印種苗株式会社 営業本部 トータルサポート室 担当部長 佐藤  尚親 なりちか

■需給動向
国内
◆牛肉 2年3月の牛肉生産量、前年同月比3.1%減

◆豚肉 2年3月の豚肉生産量、前年同月比7.4%増

◆鶏肉 2年3月の鶏肉生産量、前年同月比2.4%増

令和元年度の食肉の需給動向について

◆牛乳・乳製品  2年3月の脱脂粉乳・バター等向け生乳、前年同月比16.2%増と大幅に増加

◆鶏卵 2年4月の鶏卵相場、7カ月連続で前年同月を上回る
 

海外
主要畜産国の需給PDFファイル


◆牛肉
(米国)新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い牛肉市場は混乱
(EU)EU牛肉価格、新型コロナウイルス感染症の影響により急落
(豪州) 2月の成牛と畜頭数、雌牛を中心に前年同月比減に転じる
(NZ)2019/20年度の牛と畜頭数、干ばつの影響で前年度を上回って推移

◆豚肉
(米国)豚総飼養頭数、6年連続で過去最高を更新
(カナダ)1〜2月のベトナム向け豚肉輸出量、大幅増で韓国向けを上回る
(メキシコ)2019年の生産量、消費拡大を受け増加が継続
(中国)豚飼養頭数が回復するも生産量の回復には至らず、輸入量は大幅に増加

◆牛乳・乳製品
(EU)2月の生乳出荷量は前年同月をやや上回る
(豪州)生乳生産量、3カ月連続で前年同月を上回る
(NZ)3月の生乳生産、干ばつの影響緩和でわずかな減少にとどまる

◆飼料穀物
(世界)2019/20年度世界のトウモロコシ需給予測、米国が消費量を下方修正
(米国)2019/20年度米国のトウモロコシ需給予測、エタノール向け消費量を下方修正

■調査報告
「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」のポイントPDFファイル
農林水産省 生産局 畜産部 畜産企画課 企画班 課長補佐 飯野 昌朗

SDGsの実現に向けたJAS規格による鶏卵・鶏肉の高付加価値化の取り組みPDFファイル
独立行政法人家畜改良センター 岡崎牧場 前場長 山本 洋一

■海外情報
米国における乳用牛の輪番交配の取り組みPDFファイル
調査情報部 国際調査グループ

台湾におけるツマジロクサヨトウ防除の現況PDFファイル
台湾行政院 農業委員会 動植物防疫検疫局 植物防疫組 林俊耀、欧陽〇(王へんに韋)、顔辰鳳、陳宏伯

新型コロナウイルス感染症関連の情報PDFファイル
調査情報部 国際調査グループ

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-4398  Fax:03-3584-1246



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.