[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 畜産の情報 > 2020/21年度の世界トウモロコシ需給、増産を背景に流通量の拡大を見込む

海外の需給動向【飼料穀物/世界】 畜産の情報  2020年7月号

2020/21年度の世界トウモロコシ需給、増産を背景に流通量の拡大を見込む

印刷ページ
 米国農務省海外農業局(USDA/FAS)は2020年5月12日、「Grain:World Markets and Trade」において、2020/21年度の世界のトウモロコシ需給見通しとして第1回目の予測を公表した。
 これによると、2020/21年度の世界のトウモロコシ生産量は、最大の生産国である米国が前年度の減少から大幅に回復するのをはじめ、ブラジル、ウクライナが過去最大を記録するとしている(表15)。また、メキシコおよびカナダなどが前年度を上回り、アルゼンチンも過去最大に近い生産量となることから、全体では前年度比6.5%増の11億8686万トンと見込まれている。
 輸出量は、生産量の増加を背景として米国およびウクライナの輸出可能数量が前年度を上回っており、全体の供給量の増加に伴い飼料用小麦との価格差が拡大し、トウモロコシの価格競争力が高まったことなどから、同4.5%増の1億8264万トンと見込まれている。一方、輸入量は、全般的に飼料用小麦に比べ価格競争力の高いトウモロコシへ需要がシフトするとし、特に中国向け輸出として養豚用需要の強いEU、養鶏用需要の強いエジプト、養鶏、養豚および牛用需要の強いメキシコなどで増加が見込まれている。
 消費量は、飼料等向け、食品・種子・その他工業向けとも価格水準が低く、米国、中国、EUおよびアルゼンチンなどで前年度を上回ることから、同3.7%増の11億6196万トンと見込まれている。
 以上の結果から、直近4カ年で初めて全体の生産量が消費量を上回る見込みとなった。
 期末在庫は、中国で在庫の取り崩しが進むものの、増産を背景に米国やブラジルが前年度を上回り、同7.9%増の3億3962万トンとかなりの程度の増加が見込まれている。
 
 
2020/21年度の世界の大豆需給、中国の需要回復が大きく影響
 USDA/FASが2020年5月12日、「Oilseeds:World Markets and Trade」において、2020/21年度の世界の大豆需給予測値を公表した。
 これによると、2020/21年度の世界の大豆生産量は、米国において作付面積と単収が回復すること、また、ブラジルにおいて作付面積が過去最高となることから前年度比7.9%増の3億6276万トンと見込まれている(表16)。なお、両国の生産量は、世界全体の約3分の2を占め、生産増加数量では4分の3以上を占める。
 輸出量は、最大の輸出国であるブラジルにおいて2020年後半に供給がタイトになること、アルゼンチンにおいて米国およびブラジルとの競合が強まることにより前年度を下回るものの、米国において中国からの需要増加により前年度を上回ることから、全体では同5.2%増の1億6193万トンと見込まれている。
 輸入量は、世界の約6割を占める中国においてASF(アフリカ豚熱)からの回復により豚飼養頭数が増加し、前年度をやや上回ることから、同3.1%増の1億5802万トンと見込まれている。
 消費量(搾油仕向け)は、最大の消費国である中国が前述の通り豚飼養頭数の増加によりかなりの程度増加するほか、米国など他の主要国も増加することから、同3.6%増の3億1280万トンと見込まれている。なお、中国の消費量および輸入量の増加は、それぞれ世界全体の消費量増加の約60%、輸入量増加の約85%を占める。
 期末在庫は、世界全体の供給量が記録的水準まで増加するものの、中国の需要回復がそれ以上になることから、同1.9%減の9839万トンと1億トンを下回り、前年度からさらに減少すると見込まれている。
 
 
 
(調査情報部 井田 俊二)



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.