[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 畜産の情報 > 豚飼養頭数、デンマークでは前年を上回る一方で、オランダでは前年を下回る

海外の需給動向【豚肉/EU】  畜産の情報  2020年10月号

豚飼養頭数、デンマークでは前年を上回る一方で、オランダでは前年を下回る

印刷ページ

5月の豚肉生産量は、前年同月よりかなりの程度減少

 欧州委員会によると、2020年5月の豚肉生産量(EU27カ国)は、前年同月比6.9%減の176万9620トンとなった(図20)。と畜頭数は同7.9%減の1881万頭、1頭当たり枝肉重量は同1.1%増の94.1キログラムとなった。

 
 2020年に入ってからの月ごとの豚肉生産量は、3月を除いて前年同月を下回って推移しており、同年1〜5月までの累計では、947万トン(前年同期比2.5%減)となった。
 5月の主要生産国の豚肉生産量を見ると、スペイン(前年同月比2.3%増)、デンマーク(同3.9%増)では増産となったものの、ドイツ(同6.5%減)、フランス(同12.6%減)、ポーランド(同1.4%減)、オランダ(同27.4%減)、イタリア(同17.8%減)では減産となった(表6)。

 

2020年7月のデンマークの豚飼養頭数は、前年を4.9%上回る

 2020年1〜5月の豚肉生産量が前年同期比で最も増加したのは、デンマークであった。同国は、ドイツ、スペイン、フランス、ポーランド、オランダに次ぐ、EU第6位(2019年)の豚肉生産国である。
 デンマーク統計局が四半期ごとに公表している統計によると、同国の2020年第3四半期(7月1日現在)の豚飼養頭数は、前年を4.9%上回る1316万頭と、3期連続で前年を上回った(図21)。豚飼養頭数は、2019年第1四半期以降、前年を下回って推移していたものの、2020年第1四半期(1月1日)に5期ぶりに増加に転じていた。


 7月の豚飼養頭数は多くの区分で前年よりも増加しており、「肥育豚(50kg超)」は増加率が唯一の二桁となる前年比11.1%増の310万4000頭となった(表7)。
 

 
 デンマークは、EU最大の子豚(50キログラム未満)の輸出国であり、主な輸出先はドイツおよびポーランドの2カ国となり、この2カ国でデンマークの子豚輸出頭数に占める割合は約9割となる(図22)。今年の輸出頭数は、減少傾向で推移しており、2020年1〜5月の子豚輸出頭数は前年同期比4.1%減となった。英国農業園芸開発公社(AHDB)によると、同国の子豚輸出頭数の減少が、と畜頭数の増加に寄与しているかもしれないとしている。

 

2020年のオランダの豚飼養頭数は、前年を1.2%下回る

 2020年4月のオランダの豚飼養頭数は、前年比1.2%減の1211万9000頭となった(図23)。オランダの豚飼養頭数は、年にって増減はあるものの、1200万頭を超えた水準で推移している。一方で養豚生産者数は減少傾向で推移しており、2020年は同12%減の3600戸となった。その結果、1戸当たり飼養頭数は年々増加傾向で推移し、2020年は同12.2%増の3366頭となった。
 養豚生産者数の減少は、特に肥育豚生産者で顕著となっており、同13.4%減となった一方で、繁殖豚生産者は同5.2%減となった。

 
 オランダ中央統計局によると、養豚生産者数の減少は、環境規制への対応の影響があるとしている。また、同国では、昨年、環境問題への対応として、政府による養豚経営の廃業支援の取り組み(注)を行っていたことも影響していると考えられる。

(注) 詳細は、畜産の情報2020年2月号「オランダ養豚における家畜排せつ物処理の取り組み〜持続可能な養豚のために〜 コラム3 政府による養豚経営の廃業支援の取り組み」(https://www.alic.go.jp/joho-c/joho05_000968.html#title10)を参照されたい。

(調査情報部 小林 智也)



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.