[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 畜産の情報 > 鶏肉輸出量、中国向けが急増

海外の需給動向【鶏肉/米国】  畜産の情報  2021年1月号

鶏肉輸出量、中国向けが急増

印刷ページ
1〜9月の鶏肉生産量、前年同期比2.5%増
 米国農務省経済調査局(USDA/ERS)によると、2020年1〜9月の米国の鶏肉生産量は、1521万1000トン(前年同期比2.5%増)と引き続き増加傾向で推移している(表7)。コロナ禍において、一時的に食鳥処理場での混乱が見られたものの、通常稼働に戻りつつあり、生産量は引き続き前年を上回るペースを維持している。また、処理羽数、生体重量ともに増加傾向で推移しており、2020年1〜9月は、処理羽数が69億5400万羽(同0.7%増)、生体重量が1羽当たり2.9キログラム(同1.7%増)となった。
 
 
 なお、USDAの2021年の見通しでは、中国などの旺盛な飼料穀物需要などを背景に飼料価格は上昇するものの、鶏肉生産量は引き続き増加傾向で推移することが見込まれており、前年比0.9%増の2045万5000トンと予測している。

1〜9月の鶏肉輸出量、前年同期比3.7%増
 USDA/ERSによると、2020年1〜9月の米国の鶏肉輸出量は、245万3000トン(前年同期比3.7%増)と引き続き増加傾向で推移している(表8)。
 

 輸出先別に見ると、中国向けが急増した一方で、前年同期を下回る輸出先もあった。約2割を占める輸出先首位のメキシコ向けは、中国向けがピークとなった5月に落ち込んだことなどから、同0.4%減の49万9000トンとなった(図12)。また、中国向けは、米国での鳥インフルエンザ発生により、2015年から輸出が停止されていたが、2019年11月に輸出が再開されて以降、急増しており、メキシコ向けに次いで多い19万7000トンとなった。
 
 
 USDAの2021年の輸出見通しでは、鶏肉は安価なたんぱく源として引き続き需要があるものの、世界全体における景気悪化が見込まれることから、前年比0.4%減の330万トンと予測している。

鶏肉卸売価格、20カ月連続で前年同月を下回る
 USDA/ERSによると、2020年9月の鶏肉卸売価格は、生産量が好調に推移する中、コロナ禍で外食需要の低迷が続いており、1ポンド当たり0.64米ドル(1キログラム当たり148円:1米ドル=105円)と前年同月比17.3%安となり、20カ月連続で前年同月を下回った(図13)。
 
 

(調査情報部 河村 侑紀)



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.