[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 畜産の情報 > 令和2年度の食肉の需給動向について

国内の需給動向【令和2年度の食肉の需給動向について】 畜産の情報 2021年6月号

令和2年度の食肉の需給動向について

印刷ページ
 令和2年度(令和2年4月〜3年3月)の食肉の畜種別の需給動向は以下の通り。

【牛肉】生産量、和牛は増加するも乳用種・交雑種は減少
 令和2年度の牛肉生産量は、33万5559トン(前年度比1.8%増)と前年度をわずかに上回った(表1)。品種別では、和牛は16万566トン(同5.7%増)と前年度をやや上回った一方、交雑種は8万2160トン(同2.4%減)、乳用種は8万7572トン(同1.6%減)と、いずれもわずかに減少した。
 交雑種および乳用種は、性判別精液の活用や乳用牛への受精卵移植による和子牛の生産拡大により減少した。一方で、和牛は繁殖に仕向けられる雌牛の割合の増加や上述の和子牛の生産拡大などにより4年連続で増加となった。この結果、牛肉全体で見ると2年ぶりに前年度を上回った。

輸入量、冷蔵品・冷凍品ともに減少
 令和2年度の牛肉輸入量は、59万992トン(前年度比5.0%減)と5年ぶりに減少した。このうち、主にテーブルミートとして消費される冷蔵品は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴う北米の現地工場の操業停止などによる生産量の減少や豪州産の干ばつ後の牛群再構築による生産量減少に伴う現地価格の高騰などから、25万8136トン(同7.2%減)と前年度をかなりの程度下回った。冷蔵品は、米国産と豪州産で9割を占めており、米国産は12万4714トン(同3.0%減)とやや、豪州産は11万1170トン(同10.7%減)とかなりの程度、ともに前年度を下回った。また、カナダ産が9993トン(同18.7%減)となるなど、その他の国でも減少が見られた。
 一方、主に加工・業務用に仕向けられる冷凍品は、冷蔵品と同様の影響に加え、COVID-19の影響による外食需要の減少などにより、33万2598トン(同3.2%減)と前年度をやや下回った。冷凍品は、豪州産と米国産で8割以上を占めており、豪州産は14万4508トン(同12.8%減)と前年度をかなり大きく下回った一方、米国産は12万7992トン(同9.6%増)とかなりの程度上回った。また、カナダ産は2万9371トン(同12.2%減)となった一方、その他の国では増加が見られた。

推定出回り量、輸入品は減少するも国産品は増加
 令和2年度の牛肉の推定出回り量は、93万353トン(前年度比0.7%減)と5年ぶりに減少した。このうち輸入品は、外食仕向け割合が国産品より高く、その外食消費がCOVID-19の影響により振るわなかったことなどから、60万2189トン(同1.8%減)と前年度をわずかに下回った。一方、国産品は、家計仕向け割合が輸入品より高く、その家計消費がCOVID-19の影響による内食需要の増加で好調だったことなどから、32万8164トン(同1.4%増)とわずかに上回った。
 年度末(3年3月)の推定期末在庫は11万7475トン(同7.4%減)と前年度末をかなりの程度下回った。このうち、9割以上を占める輸入品在庫は10万4931トン(同9.6%減)と前年度末をかなりの程度下回った一方、国産品在庫は1万2544トン(同17.1%増)と前年度末を大幅に上回った。
 

【豚肉】生産量、前年度をわずかに上回る
 令和2年度の豚肉生産量は、と畜頭数(前年度比1.9%増)が増加したことにより、91万6655トン(同1.5%増)と前年度をわずかに上回り、3年連続で増加した(表2)。

輸入量、前年度をかなりの程度下回る
 令和2年度の豚肉輸入量は88万3985トン(前年度比7.3%減)と前年度をかなりの程度下回った。内訳を見ると、冷蔵品は41万8240トン(同0.6%増)と前年度をわずかに上回った一方、冷凍品は46万5703トン(同13.3%減)と前年度をかなり大きく下回った。これは、前年度の冷凍品の輸入量が中国におけるアフリカ豚熱の影響による先高感で輸入業者が早めに手当てしたことにより多かったことなどによるとみられる。
 冷蔵品は、米国産とカナダ産で9割以上を占めており、米国産は20万722トン(同2.6%減)と前年度をわずかに下回った一方、カナダ産は20万724トン(同0.6%増)と前年度をわずかに上回った。また、主に加工・業務用に仕向けられる冷凍品は、スペイン産、デンマーク産、メキシコ産で半分以上を占めており、スペインは平成30年度から冷凍品の最大の輸入先となっている。スペイン産は9万8946トン(同19.4%減)、デンマーク産は7万4264トン(同27.5%減)と大幅に、メキシコ産は8万7792トン(同6.3%減)とかなりの程度、いずれも前年度を下回った。

推定出回り量、国産品は増加するも輸入品は減少
 令和2年度の豚肉の推定出回り量は、182万7335トン(前年度比0.9%増)と2年ぶりに増加した。増加の背景には、消費量の5割を占める家計消費がCOVID-19の影響によって好調であったことなどがあるとみられる。内訳を見ると国産品は91万6155トン(同2.0%増)と前年度をわずかに上回った一方、輸入品は91万1180トン(同0.2%減)と前年度並みとなった。
 年度末(3年3月)の推定期末在庫は18万1984トン(同13.4%減)と前年度末をかなり大きく下回った。このうち、9割近くを占める輸入品在庫は15万7880トン(同14.7%減)とかなり大きく、国産品在庫は2万4104トン(同3.8%減)とやや、いずれも前年度末を下回った。
 

【鶏肉】生産量、前年度に続き過去最高を更新
 令和2年度の鶏肉生産量は、166万3186トン(前年度比0.8%増)と前年度をわずかに上回り、過去最高となった(表3)。増加の背景には、近年、消費者の健康志向の高まりなどによる底堅い需要を受け、生産者の増産意欲が高まっていることがあるとみられる。

輸入量、前年度をやや下回る
 令和2年度の鶏肉輸入量は、55万2832トン(前年度比3.4%減)と前年度をやや下回った。鶏肉の輸入量は、国内の在庫水準に左右されることから年度によって増減が見られ、2年度の減少の背景には、輸入品在庫の積み増しやCOVID-19の影響による外食需要の減少があるとみられる。輸入品は、ブラジル産とタイ産で9割以上を占めており、ブラジル産は40万4647トン(同4.7%減)と前年度をやや下回った一方、タイ産は13万3362トン(同4.2%増)とやや上回った。

推定出回り量、前年度に続き過去最高を更新
 令和2年度の鶏肉の推定出回り量は、近年、消費者の健康志向などを背景に増加傾向で推移しており、222万2663トン(前年度比0.8%増)と前年度をわずかに上回り、過去最高となった。増加の背景には、COVID-19の影響による内食需要の増加に加え、唐揚げなどの持ち帰り需要の増加があるとみられる。このうち、全体の7割以上を占める国産品は、大半を占める家計消費が好調なことから166万5527トン(同1.1%増)と10年連続の増加となった一方、主に加工・業務用に利用されている輸入品は55万7136トン(同0.1%減)と前年度並みとなった。
 年度末(3年3月)の推定期末在庫は16万3802トン(同3.9%減)と前年度末をやや下回った。このうち、8割以上を占める輸入品在庫は13万5022トン(同3.1%減)とやや、国産品在庫は2万8780トン(同7.5%減)とかなりの程度、いずれも前年度末を下回った。
 
(畜産振興部 高城 啓)



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.