[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
でん粉 でん粉分野の各種業務の情報、情報誌「でん粉情報」の記事、統計資料など

ホーム > でん粉 > でん粉の国内需給 > でん粉の国内需給

でん粉の国内需給

印刷ページ

最終更新日:2021年11月10日

でん粉の国内需給

2021年11月

調査情報部

1. 需給見通し

 農林水産省は、「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」(昭和40年法律第109号)により、でん粉に関して適切な価格調整を図るため、半期ごとにでん粉の需給見通しを公表している。9月に公表したでん粉の需給見通しの概要は、次の通り。

 

 

 

(1)でん粉の需要量の見通し

 用途ごとのでん粉の需要量の見通しは以下の通り。

【糖化用向けでん粉の需要量】
令和2でん粉年度は、前年度からわずかに減少の見込み
 
 令和2でん粉年度は、新型コロナウイルス感染症(COVID–19)による外出自粛の影響により、引き続き清涼飲料向けの販売が減少していることなどから、前年度を4万1000トン下回る162万5000トンと見込まれる。  

 3でん粉年度は、COVID–19による外出自粛の影響が懸念される一方、ワクチン接種が進むにつれて人の移動が活発になり、清涼飲料向けの需要の回復が一定程度想定されるとし、前年度を11万1000トン上回る173万6000トンと見通している。

【化工でん粉用向けでん粉の需要量】
令和2でん粉年度は、前年度からかなりの程度減少の見込み
 
 令和2でん粉年度は、COVID–19による外出自粛の影響による清涼飲料などを含めた、製品の出荷の際に用いる製紙・段ボール向けの需要の減少に加え、外食需要の低迷による麺類向けなどの需要が減少していることなどから、前年度を2万7000トン下回る27万4000トンと見込まれる。  

 3でん粉年度は、COVID–19による外出自粛の影響が懸念される一方、ワクチン接種が進むにつれて人の移動が活発になり、清涼飲料など向け、製紙・段ボール向け、外食向けなどの需要の回復が一定程度想定されるとし、前年度を2万7000トン上回る30万1000トンと見通している。

【その他用途向けでん粉の需要量】
令和2でん粉年度は、前年度からわずかに増加の見込み
 
 令和2でん粉年度は、引き続きCOVID–19による外出自粛の影響により、外食産業用に供するビールや食品向け、製紙・段ボール向けの需要が減少しているものの、巣ごもり需要によるインスタント食品などの家庭向け食品の需要が増加していることから、前年度を8000トン上回る50万3000トンと見込まれる。  

 3でん粉年度は、COVID–19による外出自粛の影響が懸念される一方、ワクチン接種が進むにつれて人の移動が活発になり、外食産業向けの片栗粉などの需要の回復が一定程度想定されるとし、前年度を1万5000トン上回る51万8000トンと見通している。

(2)でん粉の供給量の見通し

 各種でん粉の供給量の見通しは以下の通り。

【かんしょでん粉の生産量】
令和2でん粉年度は、前年度から大幅に減少
 
 令和2年産の原料かんしょの生産量が、平成30でん粉年度からの3年連続のサツマイモ基腐(もとぐされ)病発生の影響により減少したことから、かんしょでん粉の生産量は、前年を7000トン下回る2万1000トンと見込まれる。  

 3年産については、産地でのサツマイモ基腐病対策の徹底などにより前年産からの回復が見込まれることから、かんしょでん粉の生産量は前年を2000トン上回る2万3000トンと見通している。

【ばれいしょでん粉の生産量】
令和2でん粉年度は、前年度からかなりの程度減少
 
 令和2年産の原料ばれいしょの生産量は、6月後半の低温・日照不足の影響による着いも数の減少などにより減少が懸念されることから、ばれいしょでん粉の生産量は前年を1万6000トン下回る16万4000トンと見込まれる。  

 3年産については、雨不足の影響により、いもの肥大の抑制が見込まれていることなどから、ばれいしょでん粉の生産量は前年を5000トン下回る15万9000トンと見通している。

【コーンスターチの供給量】
令和2でん粉年度は、前年度からわずかに減少
 
 令和2年産(2020年産)は、COVID–19による外出自粛の影響により、コーンスターチなどから製造される異性化糖の主な用途である清涼飲料の販売が減少していることから、2でん粉年度の供給量はでん粉ベースで前年度を4万3000トン下回る206万5000トンと見込まれる。  

 3年産(2021年産)は、COVID–19による外出自粛の影響が懸念される一方、ワクチン接種が進むにつれて、人の移動が活発になり、清涼飲料向けの需要や外食需要の回復が一定程度想定されるとし、前年度を13万1000トン上回る219万6000トンと見通している。

【輸入でん粉の供給量】(糖化製品、化工でん粉用)
令和2でん粉年度は、前年度からかなりの程度減少
 
 令和2でん粉年度は、COVID–19による外出自粛の影響により異性化糖の清涼飲料向けの販売が減少していることなどから、前年度を9000トン下回る12万9000トンと見込まれる。  

 3でん粉年度も、COVID–19による外出自粛などの影響による需要減退の継続が懸念される一方、ワクチン接種が進むにつれて人の移動が活発になり、清涼飲料向けの需要や外食需要の回復も想定されることから、近年の需要に応じた輸入がなされるとし、前年度を9000トン上回る13万8000トンと見通している。

【輸入でん粉の供給量】(その他用)
令和2でん粉年度は、前年度から大幅に増加
 
 令和2でん粉年度は、巣ごもり需要によるインスタント食品などの家庭向け食品の需要が増加していることから、前年度を4000トン上回る1万3000トンと見込んだ。  

 3でん粉年度は、COVID–19による外出自粛などの影響が懸念される一方、ワクチン接種が進むにつれて人の移動が活発になり、外食需要の回復が一定程度想定されるとし、前年度を2000トン上回る1万5000トンと見通している。

【小麦でん粉の供給量】
令和2でん粉年度は、前年度からかなりの程度減少
 
 小麦でん粉は、主に畜水産練製品向けとして供給されており、令和2でん粉年度は前年度を1000トン下回る1万5000トンと見込んだ。  

 3でん粉年度についても、安定した供給がなされると見込まれ、前年並みの1万5000トンと見通している。

2. 輸入動向

【タピオカでん粉の輸入動向】
8月の輸入量は前年同月から大幅に増加
 
 財務省「貿易統計」によると、2021年8月のタピオカでん粉の輸入量は、1万4365トン(前年同月比2.0倍、前月比32.8%増)と、前年同月から大幅に増加した(図1)。  

 輸入先国はタイ、ベトナムおよび台湾の3カ国で、輸入量は次の通りであった。  

タイ    1万4341トン   
(前年同月比2.1倍、前月比33.9%増)  
ベトナム     19トン   
(同94.3%減、同82.3%減)  
台湾        6トン   
(同11.3%減、同55.6%増)

 

 2021年8月の1トン当たりの輸入価格は、5万5910円(前年同月比23.8%高、前月比0.6%安)と、前年同月を大幅に上回った(図2)。  
 
 国別の1トン当たりの輸入価格は、次の通りであった。  

タイ       5万5680円   
(前年同月比24.4%高、前月比0.5%安)  
ベトナム   13万4236円   
(同2.6倍、同2.2倍)  
台湾      38万2801円   
(同2.2倍、同22.4%高)

 

【サゴでん粉の輸入動向】
8月の輸入量は前年同月からかなりの程度増加
 
 財務省「貿易統計」によると、2021年8月のサゴでん粉の輸入量は、1116トン(前年同月比10.3%増、前月比5.8%減)と、前年同月からかなりの程度増加した(図3)。  

 輸入先国はマレーシアおよびインドネシアの2カ国で、国別の輸入量は次の通りであった。  

マレーシア    1026トン   
(前年同月比9.1%増、前月比6.3%減)  
インドネシア     90トン   
(同25.0%増、前月同)

 

 2021年8月の1トン当たりの輸入価格は、5万7729円(前年同月比0.1%高、前月比7.6%安)と、前年同月並みとなった(図4)。  

 国別の1トン当たりの輸入価格は、次の通りであった。  

マレーシア   5万7846円   
(前年同月比0.2%安、前月比8.1%安)  
インドネシア  5万6400円   
(同4.3%高、同0.5%安)

 

【ばれいしょでん粉の輸入動向】
8月の輸入量は前年同月から大幅に増加
 
 財務省「貿易統計」によると、2021年8月のばれいしょでん粉の輸入量は1759トン(前年同月比17.7%増、前月比13.3%増)と、前年同月から大幅に増加した(図5)。  

 輸入先国はドイツ、オランダおよびデンマークの3カ国で、輸入量は次の通りであった。  

ドイツ        1518トン   
(前年同月比2.0倍、前月比30.0%増)  
オランダ      160トン   
(前年同月同、同34.4%減)  
デンマーク     81 トン   
(前年同月比86.1%減、同42.6%減)

 

 2021年8月の1トン当たりの輸入価格は、9万7771円(前年同月比10.0%高、前月比3.7%高)と、前年同月をかなりの程度上回った(図6)。  

 国別の1トン当たりの輸入価格は、次の通りであった。

ドイツ      9万8487円
(前年同月比9.5%高、前月比4.2%高)
オランダ   9万1863円
(同7.5%高、同0.2%安)
デンマーク  9万6037円
(同9.3%高、同0.1%安)

  

【でん粉誘導体の輸入動向】
8月の輸入量は前年同月から大幅に増加
 
 財務省「貿易統計」によると、2021年8月のでん粉誘導体の輸入量は、4万4506トン(前年同月比79.1%増、前月比38.2%増)と、前年同月から大幅に増加した(図7)。  

 でん粉誘導体の輸入先国は18カ国で、最大の輸入先国はタイであった。主要輸入先国からの輸入量は次の通りで、タイが輸入量の約8割を占めており、次いでベトナム、ドイツとなっている(表3)。

 

 2021年8月の1トン当たりの輸入価格は、9万3058円(前年同月比1.7%高、前月比7.0%安)と、前年同月をわずかに上回った。

 

【デキストリンの輸入動向】
8月の輸入量は前年同月からやや増加
 
 財務省「貿易統計」によると、2021年8月のデキストリンの輸入量は、1153トン(前年同月比3.0%増、前月比21.5%減)と、前年同月からやや増加した(図8)。  

 デキストリンの輸入先国は10カ国で、輸入量は上位輸入先国の数量および各国のシェアも含め、月ごとの変動が大きい。  

 上位輸入先国からの輸入量は次の通りで、タイおよびベトナムで輸入量の約6割を占めている(表4)。

 

 2021年8月の1トン当たりの輸入価格は、12万8547円(前年同月比30.9%高、前月比2.7%安)と、前年同月を大幅に上回った。

 

【コーンスターチ用トウモロコシの輸入動向】
8月の輸入量は前年同月並み
 
 財務省「貿易統計」によると、2021年8月のコーンスターチ用トウモロコシの輸入量は、22万1489トン(前年同月比0.03%減、前月比25.4%減)となり、前年同月並みとなった(図9)。  

 輸入先国は、米国および南アフリカの2カ国で国別の輸入量は次の通りであった。  

米国    18万8263トン   
(前年同月比1.7%減、前月比36.6%減)  
南アフリカ 3万3226トン   
(同10.6%増、前月輸入実績なし)  

 2021年8月の1トン当たりの輸入価格は、3万8613円(前年同月比80.7%高、前月比5.7%高)と、前年同月を大幅に上回った。  

 国別の1トン当たりの輸入価格は、次の通りであった。  

米国     3万8461円   
(前年同月比79.2%高、前月比5.3%高)  
南アフリカ  3万9476円   
(同90.5%高、前月輸入実績なし)

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-9272



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.