[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構

ホーム > alicの役割・必要性 > 緊急対策 > 自然災害・家畜疾病の発生時などの緊急対策

自然災害・家畜疾病の発生時などの緊急対策

印刷ページ
最終更新日:2019年3月26日
alicの業務はすべての人のために 〜日本の食をつくり、守り、食べ、今、そして未来の〜
1

大雨や地震等の天災、鳥インフルエンザ等の重大な家畜の病気、経済情勢の変化などの緊急事態が発生すると・・・

2
  • ・家畜の傷病、畜舎の損壊、牧草が収穫できない(エサがない)
  • ・停電などで肉や牛乳が冷やせない、運べない
  • ・被災農家が経営を縮小したり、経営継続を断念する恐れ 等々
3

畜産物の生産に大きな影響を与える。
そうなると・・・

4
  • ・肉や牛乳、卵の供給が不安定になり、品薄に
  • ・畜産農家が減少すると当然生産量も減少し回復には時間が
5

消費にも大きな影響を与える恐れが・・・

alicの出番!!

影響が出ないように、影響が緩和できるように、 農林水産省と連携しながら、これまでの緊急時対応のノウハウの蓄積や資金で機動的に対応

〜例えば〜

  • ・損壊した畜舎の修理や新たに家畜を買う取組への支援
  • ・被災した地域から畜産物の出荷を促す取組への支援 等々



このページのトップへ