[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
国際情報コーナー 農畜産物全般、畜産、野菜、砂糖、でん粉の海外情報、輸出促進対策などの記事、統計

ホーム > 国際情報コーナー > 海外情報 > 海外情報(農畜産物全般) > 韓国:3月の消費者物価指数は前年同月から4.7%上昇

韓国:3月の消費者物価指数は前年同月から4.7%上昇

印刷ページ

最終更新日:2011年4月20日

食品類は前年同月から10.9%上昇

 韓国統計局によると、3月の消費者物価指数は前年同月から4.7%上昇の120.4と、3カ月連続で同4%台の上昇となった。前月からは0.5%上昇にとどまる一方で、畜産物および水産物価格については同0.8%の下落となった。
 このうち、食品類については、前月値が据え置かれたものの、前年同月比では10.9%上昇の133.6と、全ての品目の中で最大の上昇率となった。食品類については、昨年9月以降、増減率は10%台を上回る上昇率で推移している。
 韓国政府は、石油および原材料の国際価格の高騰により、消費者物価指数は短期的には安定しないと見ており、今後の対応として、生産コスト増加に直面する厳しい産業の実態を把握した上、政策に反映するとしている。また、安定的な輸入を図るため、関税割当について、数量の拡大や期限の延長を検討している。
1

価格安定に向けた政府の対応

 こうした中、韓国政府は4月15日、価格安定会議(毎週開催)において、インフレの抑制、生鮮食品およびサービスの価格安定対策と併せて、高騰する石油および原材料価格の長期安定について協議した。
 今回の会議では、国内食品加工産業を保護するために、現在の関税割当99品目に新たに10品目を追加する旨が発表された。ただし、品目については言及されていない。
 また、コメおよびサバの価格が上昇基調で推移しているため、政府は、コメの国家備蓄77万トンを追加放出することとしている。
 豚肉価格については、下落基調に転じたものの依然として高い状況にあり、口蹄疫発生の影響に伴う供給不足は当面続くと見込まれる。このため政府は、輸入業者や卸売業者に対し、無税枠で輸入した豚肉を可能な限り早期に、市場へ供給するよう要請する予定である。
   【藤井 麻衣子 平成23年4月20日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9532



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.