[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
でん粉 でん粉分野の各種業務の情報、情報誌「でん粉情報」の記事、統計資料など

ホーム > でん粉 > でん粉の国際需給 > 2. 日本の品目別主要輸入先国の動向

2. 日本の品目別主要輸入先国の動向

印刷ページ

最終更新日:2017年10月10日

2. 日本の品目別主要輸入先国の動向

2017年10月

 本稿中の為替レートは2017年8月末日TTS相場の値であり、1米ドル=111円(111.42円)、1タイバーツ=3.41円、1ユーロ=133円(132.84円)である。

トウモロコシ・コーンスターチ

米国

【需給動向:トウモロコシ】
生産量は上方修正の一方、消費量は下方修正

 2017年9月時点の米国農務省(USDA)による2017/18穀物年度(9月〜翌8月)のトウモロコシ需給予測によると、生産関連の数値は、単収が1エーカー当たり169.9ブッシェル(4.3トン、前年度比2.7%減)に上方修正されたことに伴い、生産量も141億8400万ブッシェル(3億6029万トン、同6.4%減)に上方修正された。消費関連の数値は、国内消費量のうち飼料など向けが上方修正されたものの、エタノール向けを含む食品・種子・その他工業向けが下方修正されたことにより、総消費量は142億5000万ブッシェル(3億6196万トン、同2.3%減)に下方修正された(表2)。

【価格動向:トウモロコシ】
前月予測から下方修正

 同じく2017/18穀物年度のトウモロコシの生産者平均販売価格は、1ブッシェル当たり2.80〜3.60米ドル(311〜400円)と下方修正された(表2)。これは、生産量が上方修正、消費量が下方修正されたことが影響している。
表2 米国のトウモロコシの需給見通し
【貿易動向:トウモロコシ】
7月の輸出量は前年同月から大幅に減少

 2017年7月のトウモロコシ輸出量は、474万4333トン(前年同月比18.6%減、前月比4.0%減)と前年同月を大幅に下回った(図3)。同月の国別輸出量は、次の通り。

メキシコ   128万9892トン  
 (前年同月比15.4%増、前月比6.8%減)
日本      123万962トン  
 (同14.6%減、同1.5%減)
コロンビア  37万3461トン  
 (同51.2%増、同2.4倍)

 また、同月の輸出価格(FAS(注))は、1トン当たり175.06米ドル(1万9432円、前年同月比4.6%安、前月比0.4%安)と前年同月からやや下落した。

(注)Free Alongside Shipの略。貨物を船側に付けた段階で支払われる価格。FOB価格と異なり、横持ち料(倉庫間の移動費)、積み込み料などは含まれていない。
図3 米国のトウモロコシ輸出量および輸出価格の推移
【貿易動向:コーンスターチ】
7月の輸出量は9カ月連続で前年同月比増

 2017年7月のコーンスターチ輸出量は、8359トン(前年同月比38.7%増、前月比16.9%減)と9カ月連続で前年同月を上回った(図4)。同月の国別輸出量は、次の通り。

メキシコ   4003トン  
 (前年同月比3.6倍、前月比15.6%減)
カナダ    2743トン  
 (同1.5%増、同4.3%減)
中国     205トン  
 (同69.4%減、同18.0%減)
コロンビア  200トン  
 (同19.8%増、同65.7%減)

 また、同月の中西部市場のコーンスターチ価格は、1ポンド(注)当たり5.84セント(6.5円、前年同月比44.2%高、前月比1.2%高)と前年同月から大幅に上昇した。

(注)1ポンドは0.45キログラム。
図4 米国のコーンスターチ輸出量および市場価格の推移

タピオカでん粉

タイ

【価格動向】
タピオカでん粉国内価格、キャッサバ農家価格ともに低水準で推移

 タイタピオカでん粉協会(TTSA)によると、2017年9月第2週のタピオカでん粉の国内価格は、1キログラム当たり10.8バーツ(37円、前年同期比2.7%安、前週比0.9%高)と前年同期をわずかに下回っている(図5)。

 また、8月のキャッサバ農家価格は、1キログラム当たり1.20バーツ(4.1円)と前年同月を下回った(表1)。
図5 タイのタピオカでん粉価格の推移
【貿易動向】
7月の輸出量は前年同月から大幅に増加

 2017年7月のタピオカでん粉輸出量は、23万878トン(前年同月比43.4%増、前月比15.8%減)と前年同月を大幅に上回ったものの前月をかなり下回った(図6)。同月の国別輸出量は、次の通り。

中国       12万1446トン  
 (前年同月比72.4%増、前月比5.6%減)
マレーシア   2万3422トン  
 (同61.3%増、同82.5%増)
台湾       1万9485トン  
 (同11.4%減、同21.3%減)
インドネシア  1万9259トン  
 (同20.3%減、同69.0%減)
日本       1万154トン  
 (同75.3%増、同26.0%減)

 また、同月の輸出価格(FOB・バンコク)は、1トン当たり335米ドル(3万7185円、前年同月比11.0%安、前月比0.7%安)と引き続き前年同月を下回って推移している(図6)。
図6 タイのタピオカでん粉輸出量および輸出価格の推移

コラム 米国のでん粉輸出入状況

 米国は、世界のでん粉需給に影響を及ぼす世界有数のでん粉生産・消費国である。本稿では、2016年の米国のでん粉輸出入について紹介する。

1.輸出
 米国が輸出する天然でん粉のうち、最も多いのはコーンスターチであり、これは中国とともに世界有数のトウモロコシ生産国であることが関係している(表1)。最大の輸出先は隣国カナダで、全体の4割以上を占めており、次いでメキシコ、コロンビアとなっている。小麦でん粉、ばれいしょでん粉、タピオカでん粉も世界各国へ輸出しているが、コーンスターチと同様、カナダへの輸出が多い。なお、小麦でん粉については、カリブ海諸国であるトリニダード・トバゴ向けがカナダを上回る577トンとなっている。コーンスターチなどの天然でん粉を原料とする化工でん粉も輸出しており、その輸出量は、コーンスターチのおよそ4倍と輸出でん粉の中で最も多い。
 



2.輸入
 米国は、でん粉の主要輸出国でありながら、多くの輸入も行っている。最も輸入量が多いのはばれいしょでん粉で、多くを主要生産地域であるヨーロッパから輸入している(表2)。次いでタピオカでん粉、化工でん粉となっており、タピオカでん粉は世界で最も生産量の多いタイが約8割を占めている。一方、化工でん粉はタイやフランスなどさまざまな国から輸入している。化工でん粉は、各輸入先国で主に生産される天然でん粉を原料とすることが多いため、輸入される化工でん粉の主原料はタイはタピオカでん粉、フランスはばれいしょでん粉と考えられる。
 


 

ベトナム

【生産動向】
6月の作付面積は前年同月比増

 ベトナムの調査会社AgroMonitorによると、2017年6月の調査では、キャッサバの作付面積は、北部で気温が高くキャッサバの作付けに適さない状態だったため、作付けが行なわれた地域が少なかったこともあり、前年同月を下回ったものの、南部では、2017年6月時点で最も作付面積の大きい中央高原地域で、5月下旬に収穫が終わり6月から新たな作付けが始まったことなどから、前年同月比3.4%増の39万8604ヘクタールと前年同月をやや上回った(表3)。

 キャッサバの供給動向を見ると、主産地である南東地域のタイニン省では、6月の長雨の影響によりキャッサバの生育が遅れ、でん粉含有率も低いため、生産者が収穫を遅らせたことに加え、トレーダーによると、この長雨により()(じょう)が冠水し、キャッサバの根腐れ病なども発生し、同省の主要なでん粉工場には、主にカンボジア産が供給された。6月は、カンボジアで雨期が始まり、収穫や輸送が困難となったことなどから供給量自体はそれほど多くなく、稼働を停止していたでん粉工場もあったが、7月に入ると、カンボジアの気候が極めて良好となったことから、同国からの供給量が急増し、稼働を再開している。
表3 ベトナムのキャッサバ作付面積
【貿易動向】
6月の輸出量は前年同月および前月から大幅に増加

 AgroMonitorによると、2017年6月のタピオカでん粉輸出量は、17万4329トン(前年同月比42.0%増、前月比22.5%増)と前年同月および前月を大幅に上回った(図7)。これは、輸出量が少なかった前月から反発し、最大の輸出先である中国向けが前月を29.2%上回る15万1779トンとなったことが要因である(図8)。
図7 ベトナムのタピオカでん粉輸出量および輸出価格の推移
図8 ベトナムの国別タピオカでん粉輸出割合(2017年1〜6月)

ばれいしょでん粉

EU

【貿易動向】
7月の輸出量は前年同月および前月からかなり減少

 2017年7月のばれいしょでん粉輸出量は、2万228トン(前年同月比13.7%減、前月比15.9%減)と前年同月および前月をかなり下回った(図9)。同月の国別輸出量は、次の通り。

韓国  4791トン  
 (前年同月比20.8%減、前月比0.2%増)
米国  3399トン  
 (同44.0%減、同26.6%増)
タイ   1651トン  
 (同2.4倍、同2.5倍)
日本   440トン  
 (同29.0%減、同9.5%減)
図9  EUのばれいしょでん粉輸出量および輸出価格の推移

化工でん粉

 デキストリンおよびその他の化工でん粉(以下「化工でん粉」という)の主要輸出国の、主要仕向け先国別輸出量および輸出価格は以下の通り。

タイ

【貿易動向】
7月の輸出量は前年同月および前月から減少

 2017年7月の化工でん粉の輸出量は、6万7750トン(前年同月比14.5%減、前月比22.5%減)と前年同月および前月を下回った(図10)。同月の国別輸出量は、次の通り。

日本     2万2728トン  
 (前年同月比6.7%減、前月比41.4%減)
中国     1万1801トン  
 (同25.5%減、同4.9%減)
インドネシア   5996トン  
 (同38.4%減、同0.1%減)
韓国       4383トン  
 (同14.9%減、同12.4%減)
図10 タイの化工でん粉の輸出量および輸出価格の推移

米国

【貿易動向】
7月の輸出量は前年同月および前月からかなり減少

 2017年7月の化工でん粉の輸出量は、2万3624トン(前年同月比10.7%減、前月比13.9%減)と前年同月および前月をかなり下回った(図11)。同月の国別輸出量は、次の通り。

カナダ    6452トン  
 (前年同月比2.2%減、前月比5.6%減)
中国    3297トン  
 (同11.8%増、同19.2%減)
メキシコ  2729トン  
 (同22.1%減、同12.9%減)
ドイツ   1068トン  
 (同7.1%減、同2.8%減)
日本    987トン  
 (同59.2%増、同2.3%減)
図11  米国の化工でん粉の輸出量および輸出価格の推移

中国

【貿易動向】
7月の輸出量は前年同月および前月から大幅に増加

 2017年7月の化工でん粉の輸出量は、8190トン(前年同月比68.3%増、前月比27.9%増)と前年同月および前月を大幅に上回った(図12)。同月の国別輸出量は、次の通り。

日本     2556トン  
 (前年同月比3.0倍、前月比2.9%減)
マレーシア  902トン  
 (同11.4%増、同72.1%増)
台湾     617トン  
 (同2.3倍、同47.3%増)
図12 中国の化工でん粉の輸出量および輸出価格の推移

EU

【貿易動向】
7月の輸出量は前年同月からやや増加

 2017年7月の化工でん粉の輸出量は、4万4971トン(前年同月比5.4%増、前月比4.1%減)と前年同月をやや上回ったものの前月をやや下回った(図13)。同月の国別輸出量は、次の通り。

トルコ   8345トン  
 (前年同月比5.7%減、前月比0.3%増)
ロシア  5635トン  
 (同16.3%増、同3.6%増)
中国    5446トン   
 (同0.1%増、同18.4%減)
日本   3781トン  
 (同27.1%増、同10.8%減)
図13 EUの化工でん粉の輸出量および輸出価格の推移

豪州

【貿易動向】
7月の輸出量は前年同月および前月から減少

 2017年7月の化工でん粉の輸出量は、1983トン(前年同月比22.0%減、前月比4.7%減)と前年同月および前月を下回った(図14)。同月の国別輸出量は、次の通り。

日本         1075トン  
 (前年同月比43.7%減、前月比20.9%増)
ニュージーランド  270トン  
 (同76.5%増、同19.5%増)
図14 豪州の化工でん粉の輸出量および輸出価格の推移
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-9272



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.