[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 各種業務の実施に関する情報 > 調整金徴収業務(指定糖・異化糖) > 砂糖の売買手続きについて

砂糖の売買手続きについて

印刷ページ

最終更新日:2015年12月21日

砂糖を輸入する際は、税関に輸入申告する前にALICとの売買手続きが必要です。

○ 輸入される砂糖の売買の必要性

 海外から輸入される砂糖と国内産糖は大幅な内外価格差があります。このため、「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」に基づき、価格の安い輸入される砂糖から調整金を徴収し、それを財源として国内のさとうきびの生産者やてん菜糖・甘しゃ糖の製造事業者に支援を行うことで内外価格差を解消し、国内の砂糖の安定的な供給の確保を図っています。

砂糖の価格調整制度の概要
砂糖制度の概要図 

○ 砂糖の売買とは

 砂糖を輸入する際は「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」に基づき、税関に輸入申告する前に農畜産業振興機構(ALIC)と輸入者との間で書面による売渡し及び買戻し(売買)契約を行い、その売り・買いの差額を売買差額(調整金)としてALICへ納付する手続きをいいます。
 なお、売買はALICが買い入れ、直ちに売り戻す方式(瞬間タッチ方式)で、砂糖の現物を実態的に取引するものではありません。

1 売買の対象となる砂糖の種類の特定について

 砂糖の種類によって売買の対象かどうかが決まります。ALICとの売買手続きが必要となる砂糖は分類表のとおりです。
 (分類表)
 売買の対象かどうかが分からない場合は、輸入申告を行う予定の税関で「事前教示」を受け、関税分類(税番)を確認してください。

2 砂糖が売買の対象となる場合

(1)農林水産大臣の通知数量の取得

・砂糖を輸入する場合は、「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」第24条第1項に基づき、農林水産大臣から四半期ごとに通知される通知数量を取得する必要があります。
・輸入者が初めて砂糖を輸入する場合は、農林水産大臣へ通知数量取得のための申請を行う必要があります。
・農林水産大臣への申請手続きはALICが行いますので、貨物が到着後、保税地域に搬入されましたら下記の書類を準備してALICに連絡してください。


【よくある質問 5〜6】

ア 輸入糖売渡し申込みについて(様式)
イ 輸入者の概要(会社概要等)
ウ 貨物が保税地域に搬入されたことを証する以下の書類のうちのいずれか
 ・ 貨物情報照会(写し)  
 ・ 蔵置貨物に関する証明書(様式) (税関が証明したもの)
 ・ 保税台帳(写し)
エ ネット重量が確認できる書類
 ・ 食品等輸入届出書控、Packing List等
オ 仕入価格が確認できる書類
 ・ インボイス等
カ 運賃が確認できる書類
 ・ 船荷証券(B/L)、Sea way Bill 、Air Way Bill、Arrival Notice等
キ 保険料の分かる書類
 ・ 包括保険扱い申請書等 
ク 砂糖の詳細が分かる書類
 ・ 商品説明書(成分表、製造工程表)
 
ここまでの手続きの流れは以下の図(STEP1)のとおりです。
図 初めて砂糖を輸入される場合(STEP1)

(2)機構との売買手続きの流れ

農林水産大臣からの通知数量を取得した後に、ALICとの売買手続きを行います。
標準的な手続きの流れと必要な書類は、以下の図(STEP2)及び(STEP3)のとおりです。

ALICとの売買手続きの流れ(STEP2)
※1 売買申込方法の選択と承諾書(写し)送付先の登録【初回のみ】
 売買の申込について、FAX等の方法を希望する場合は、あらかじめ 「売渡申込者届出書」(様式)を提出してください。
 メールによる承諾書の写し(PDF)の送付を希望する場合は、あらかじめ 「承諾書(写し)に係る送付先届出書」(様式)(記入例)を提出してください。

※2 担保金(売買差額相当額)の提供
 輸入者には、売買申込の際に、売買差額相当額をALICに提供いただきますが、これを担保と呼びます。
 ALICは当該貨物に対する輸入許可が出るまでの間、売買差額相当額を担保としてお預かりし、輸入者が予め担保を売買差額に充当する旨を指定された場合は、輸入許可後に売買差額に振替えます。
 担保の提供方法は現金を持参するか機構の指定口座(口座番号)への振込のいずれかです。担保の提供と併せて担保提供書(様式)(記入例)を提出してください。
 なお、振込みの場合は、売買申込日の午前中までにALICが入金を確認できるように手続きをお願いします。現金を持参する場合は、申込書の提出の際にご持参ください。

※3 売買申込書の提出
 指定糖義務売渡し及び買戻し申込書(2通)(様式)(記入例)を提出してください。
 申込みをする砂糖の種類が精製糖又は特定混合糖の場合は、申込書のほかに精製糖換算輸入価格計算表(2通)(様式) 又は、特定混合糖換算輸入価格計算書(2通)(様式) の提出が必要です。

 なお、売買申込書の送付には「指定糖売買申込み送り状」(様式)(記入例)を利用してください。承諾書の写し(PDF)の送付を希望する場合も、こちらの送り状で送付先を指定してください。

※4 承諾書の交付
 ALICは申込書類に不備が無ければ、速やかに「義務売渡しに係る指定糖の買入れ及び売戻し承諾書(承諾書)」を交付します。
 あらかじめ希望した場合は、税関提出用として承諾書の写し(PDF)を、「指定糖売買申込み送り状」で指定した送付先にメールでお送りします。

※5 輸入許可書(写し)の送付
 輸入許可後は、速やかに輸入許可通知書の写しをFAX又はメールで提出してください。 なお、売買差額の納付期限は輸入許可日から7日となっています。輸入許可となったにも関わらず、輸入許可書を送付せずに7日が経過した場合は、※6の充当が行えないため、別途延滞金をいただく場合がありますのでご注意ください。

※6 担保金を売買差額に充当、領収済み通知書の発行
 ALICは輸入許可書を確認した後、担保金を売買差額に充当し、領収済通知書を発行します。  


 以上、基本的な手続きの概要です。ご不明な点等あれば下記までご連絡をお願いします。
    【連絡先】
      農畜産業振興機構
      特産調整部 輸入調整課
       TEL : 03-3583-8396
       FAX : 03-3583-8169
       E-MAIL : alic-sugar01@alic.go.jp

よくある質問

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 特産調整部 (担当:輸入調整課)
Tel:03-3583-8396  Fax:03-3583-8169



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.