[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2021年 > 2020/21年度の生乳生産、3年ぶりに増加(豪州)

2020/21年度の生乳生産、3年ぶりに増加(豪州)

印刷ページ
 デーリー・オーストラリア(DA)は8月27日、2021年6月の生乳生産量を62万1386キロリットル(64万28トン相当、前年同月比1.1%減)と公表した。この結果、豪州の2020/21年度(7月〜翌6月)累計生乳生産量は、885万3287キロリットル(911万8885トン相当、前年度比0.6%増)とわずかに増加した(図1)。同年度の生乳生産量についてDAは、本年3月時の予測で、天候には恵まれているものの、労働力不足や1頭当たり乳量の低下などから対前年度比「−1%から1%の間」と発表していた(注)が、今回の結果はそれに合致したものとなった。豪州の生乳生産量は、干ばつや、それに伴うかんがい用水等の生産費高騰などにより17/18年度以降減少していたため、前年度比がプラスに転じるのは3年ぶりのことである。

(注)詳細は、畜産の情報2021年6月号「乳製品輸出量、主要4品目いずれも前年同月を上回る(https://www.alic.go.jp/joho-c/joho05_001670.htmlを参照されたい。
図1 生乳生産量の推移
 20/21年度の生乳生産量を州別に見ると、豪州の生乳生産量の過半を占めるビクトリア州を含む上位4州で前年度より増加した(表、図2)。特にタスマニア州では、これまでの最高値を更新する96万1022キロリットル(98万9852トン相当、前年度比1.2%増)を記録した。
  なお、21/22年度の生乳生産量についてDAは、好天や堅調な乳価(注1)などの好条件はあるものの、乳牛飼養頭数の減少や労働力不足などにより、前年度比0〜2%増とわずかな増加にとどまると見込んでいる(注2)

(注1)詳細は、海外情報「2021/22年度の当初乳価は7ドル前後で幕開け(豪州)」(https://www.alic.go.jp/chosa-c/joho01_002989.html)を参照されたい。
(注2)詳細は、海外情報「2021/22年度の生乳生産見通し、収益は改善も生産は伸び悩み(豪州)」(https://www.alic.go.jp/chosa-c/joho01_002999.html)を参照されたい。
表 州別生乳生産量
図2 州別生乳生産量の推移
【阿南 小有里 令和3年9月8日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9530



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.