[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖の国際需給・需給レポート > 3.国際価格動向

3.国際価格動向

印刷ページ

最終更新日:2010年7月1日

3.国際価格動向

2010年7月

調査情報部

5月のニューヨーク粗糖相場の動き 〜相場に下げ止まりの兆し〜

 5月のニューヨーク粗糖先物相場(期近)は、1ポンド当たり13セント台後半〜15セント台後半で推移し、1月末日の高値(29.90セント)以来、下落を続けた相場に下げ止まりの兆しがみられた。
 
 世界的な供給不足懸念から、粗糖価格は2009年から2010年初頭まで高騰した。その後、ブラジル、インドなどの主要国で生産回復が予測され、需給は緩和するとの見込みから投機筋が売り姿勢を強めたことにより続落していたが、4月に入ると下げ幅は縮小し、落ち着いた展開になりつつある。
 
 6月に入ってからは、パキスタンや中東諸国の現物引き合いがみられ、特に白糖の供給が短期的にひっ迫するとの見込みからロンドン白糖先物相場は上昇しており、粗糖相場はこれに追随している。ニューヨーク粗糖先物相場(期近)は6月16日時点で16.27セントと、4月下旬以来の水準に回復した。
 
資料:LMC “Monthly Sugar Report, June 2010”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:情報課)
Tel:03-3583-8713



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.