[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 地域だより > 地域だより

地域だより

印刷ページ

最終更新日:2015年9月28日

FMくめじま「島人(しまんちゅ)・畑人(はるんちゅ)・さとうきび」への出演

2015年9月

那覇事務所 和田 綾子

 FMくめじまは、久米島を中心に89.7MHzで24時間365日、久米島町役場からの情報や久米島住民の生活に役立つ情報などを広く提供している。

 その中で、久米島製糖株式会社は、およそ2年前から毎週水曜日の15時からの1時間、さとうきび生産者に向けた番組「島人・畑人・さとうきび」を放送している。

 同番組では、同社農務部の社員2名がパーソナリティを務め、島内さとうきびの生育状況や工場の整備状況、春植え・夏植えの植え付け実績情報などといった、さとうきびに関するさまざまな情報を久米島の生産者約900名に向けて発信しており、現在では、さとうきび生産者だけでなく、全国各地のファンにも広く親しまれている。
 
 さとうきび生産者が当機構に提出する、平成27年産生産者交付金の申請書の提出期限が9月30日(水)に迫っていることから、前年度に引き続き、交付金の申請手続きの方法などを周知するため、9月7日(月)に那覇事務所職員2名がラジオの番組収録に参加した。

 収録は、当機構の紹介、砂糖の価格調整制度の説明、生産者交付金の申請方法、生産者の方からのよくある質問に対する回答など、パーソナリティとの対話形式で行われた。当機構からは、前回とは異なるメンバーで臨み、開始当初は非常に緊張したが、パーソナリティの軽快かつ巧みな話にリードされ、終盤にはリラックスして収録を終えることができた。また、同番組内で放送される同社のコマーシャルの収録にも参加することができ、非常に貴重な経験となった。
 
 日中ラジオを聞きながら作業をするさとうきび生産者は多いとのことから、今回のような取り組みを通して、生産者の生産意欲の向上につながるような情報提供を行うことはもちろん、砂糖の価格調整制度が消費者と生産者の支え合いによって成り立っていることなどを、さらに多くの方々に伝えられるよう努めていきたい。

 今回収録した番組は、9月16日(水)に放送された。なお、FMくめじまの放送は、下記のアドレスからアプリケーションをダウンロードし、インターネットで聞くこともできる。

サイマルラジオ:http://www.simulradio.jp/
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-8713



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.