[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖の国際価格の動き > 2. 国際価格の動向

2. 国際価格の動向

印刷ページ

最終更新日:2018年9月10日

2. 国際価格の動向

2018年9月

ニューヨーク粗糖相場の動き(7/2〜8/15)
〜インドの増産、輸出増見通しを受け、下落続く〜
図2 ニューヨーク粗糖先物相場の動き
 ニューヨーク粗糖先物相場(期近10(がつ)(ぎり))の2018年7月の推移を見ると、ブラジルでのエタノール価格の下落に加え、インドで砂糖の増産が続くとの見通しから、3日には1ポンド当たり11.39セントまで下落した。その後も、世界的な供給過剰感を受け下落が続き、13日には2018年4月以来の安値となる同10.96セントまで値を下げた。16日にはブラジルの干ばつが懸念され、同11.14セントまで反発し、その後しばらくもみ合いが続いた。25日にはブラジルサトウキビ産業協会(UNICA)が、7月上半期のサトウキビ圧搾量を4500万トン(前年同期比5.6%減)と発表したものの、インドで来シーズンのサトウキビ買取価格が引き上げられるとの報道を受け、同国の砂糖の生産、輸出がともに増加すると見込まれたことから下落に転じ、31日には同10.55セントまで値を下げ、3年ぶりの10.5セント台を記録した。

 8月に入り、1日には同10.48セントまで下落したが、7月後半に売られ過ぎた反動から、6日にかけて同10.98セントまで反発した。その後は、ブラジル中南部の主産地で降雨があり、干ばつ発生の懸念が和らいだことに加え、ブラジルの通貨レアルの下落が続いたことなどを受け、13日には2008年6月以来の水準となる同10.30セントまで値を下げた。14日にはブラジルの通貨レアルの下げ止まりなどを受け、同10.34セントまで反発したものの、15日には同10.23セントまで下落し、2018年の最安値を更新した。

(注)1ポンドは約453.6グラム、セントは1米ドルの100分の1。
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-9272



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.