[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖の国際需給・需給レポート > 1. 世界の砂糖需給(2021年9月時点予測)

1. 世界の砂糖需給(2021年9月時点予測)

印刷ページ

最終更新日:2021年10月11日

1. 世界の砂糖需給(2021年9月時点予測)

2021年10月

調査情報部 塩原 百合子
  
 LMC International(農産物の需給などを調査する英国の民間調査会社)による2021年9月時点の予測によると(以下、特段の断りがない限り同予測に基づく記述)、2021/22砂糖年度(10月〜翌9月)の世界の砂糖生産量は、1億8374万トン(粗糖換算〈以下、特段の断りがない限り砂糖に係る数量は粗糖換算〉、前年度比0.5%増)とわずかに増加すると見込まれる(表1)。アジアやヨーロッパなどでは前年度を上回る一方、南アメリカでは主産地であるブラジルの生産量減少の影響を受けて前年度を下回る見通しである。  

 また砂糖消費量は、新型コロナウイルス感染症(COVID−19)のパンデミックは依然として継続しているものの、インド、EUやインドネシアなど一部地域での需要回復により、1億8709万トン(同1.1%増)とわずかな増加が見込まれる。  

 期末在庫率は、期首在庫量が前年割れとなる中、消費量が前年度から増加することで、前年度比3.4ポイント減の38.3%と見込まれ、2016/17年度以来初めて40%を下回る見通しである。なお、地域別の砂糖需給の予測値は、図1の通りである。
 
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-9272



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.